データサイエンティスト講座

データの科学--勘に頼らない意志決定を

伊藤徹郎(ALBERT) 2014年01月09日 08時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、巷ではビッグデータやデータサイエンティストという言葉をよく目にします。2013年7月16日には一般社団法人データサイエンティスト協会が発足し、データサイエンティストに必要となるスキルや知識を定義し、育成カリキュラムを作成するなど、高度IT人材の育成と業界の発展に向けた活動も展開しています。

 しかし、期待の大きさからか求められるスキルレベルは非常に高く、Hadoopなどのインフラ技術から統計・機械学習などの専門知識、コンサルティング能力までを求められるケースが多く、なかなか担い手が増加していないのが現情です。

 高度な分析を実施するのであればプログラミングや数学などの知識を避けることはできません。本連載では、一般のビジネスマンがデータを分析し、ビジネス上で意思決定する上で、大事なことや身に着けるべきスキル、考え方などを伝えます。

データ分析とは何か

 データサイエンティストに求められる要件として、データ分析は欠かせません。

 しかし騒がれているものの、企業は実データを公開することはありませんし、実際にデータ分析について何をどのようにすべきかという話があまりされていないのも事実です。すぐにプログラミング言語におけるデータ処理の仕方や、機械学習、統計手法などの具体的な話が展開されることが多いでしょう。

 そこで、まずはデータ分析の概論の説明からします。

 ITの進歩により日々膨大なデータが生み出され、蓄積されています。ウェブサイトのアクセスデータや購買データ、会員データなどその種類もさまざまですが、企業活動によって生じるデータ蓄積のため、非常に重要な知見が埋もれていると考えることが一般的でしょう。しかし、いくらデータを蓄積しても、データを分析し、そこから得られた知見より意思決定をしなければまったく意味がありません。

 データ分析とは、何らかの目的をもって表現された文字や記号、数値などを収集し、分類、整理、成型、取捨選択をしたうえで解釈し、価値のある意味を見出すことです。そのため、ものごとを分析するにあたり、出てきた結果が目的に沿ったものであるかどうかの適切な判断が求められます。そのためには「分析しようとする問題」「分析手法」「分析結果」の3つを理解する必要があります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化