Electronic Arts創業者が語るエンターテインメントの将来 - (page 2)

末岡洋子 2013年12月13日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ディストリビューションから発見へ

 これらのトレンドはビジネスモデルに影響を与えている。ウェブ上にあるサービス、あるいはアプリストアにあるアプリを探す――これまで製品やサービスはわれわれの元に届けられていたが、探して見つける(発見)モデルへのシフトが起こっているという。これは、これまでブランド力のある一部の大企業が独占していた状態から、財務リソースが限られている大手以外の企業や人に門戸を開くものでもある。

 だがこれは課題でもある。どうやって自分のアプリやサービスを発見してもらうのか。前提条件としてHawkinsは「単に面白いだけではダメ。面白いものは星の数ほどあり、ユーザーはすぐに飽きる。独自で珍しい体験を提供する必要がある」と述べる。

 例えば自身が開発に携わった「EA Sports」の成功は、「問題を解決するシステマティックなビジネスモデルがあるから。これはほかでは代替できないもの」と分析した。Hawkinsは「発見はチャンス」として、さまざまな可能性を探る必要があるとした。

 Facebookの場合、競合のページに自分の広告が、自分のページに顧客の広告が表示されるトラフィックを共有しながら、お互いのゲームをプロモーションし合うことになる。これは考え方の変換が必要になり、今後もこのような例がたくさん出てくると予想した。

教育は危機的状況--教育化のためのゲーム「IF」

 HawkinsはSteve Jobsに誘われて入社したAppleでキャリアを積んだ後、1982年にEAを立ち上げ、その後もビデオゲームコンソールの3DO、Digital Chocolateなどを仕掛けた起業家だ。そのHawkinsが目下取り組んでいるのが「教育」だ。「IF you can」という組織を立ち上げており、今年英ロンドンにスタジオを設けたことが報じられている。

 Hawkinsは教育に乗り出す背景として、「教育は危機にある」と述べる。米国では小学校に入学する生徒の約半分が高校を修了できないという。原因の1つに子どもの現状と教育界のギャップがあるようだ。

 数百年前の教育制度の下でテストの点数を上げようと教師らが躍起になる一方で、子どもたちは放課後本を読むよりゲームやモバイルで遊ぶ時代だ。さらには、サイバーいじめ、学校での犯罪(銃乱射事件)などの懸念も後を絶たない。「現在の教育システムは基本的に機能していない」(Hawkins)

 一方で、コンピュータはシュミレーション、集中訓練、ファンタジー、データ、追跡など得意なことがある。「これを教育に適用すればメリットを得られる」とHawkins。例えば今の子どもたちは「注意力がない」という指摘があるが、コンピュータの応用により注意力とモチベーションを効果的に結びつけられるとも分析する――「ゲームに子どもの関心があるのなら、ここにリーチすればよい。端末を取り上げても効果はない」とHawkins、関心があるゲームならモチベーションもあがるはずだ、と主張する。


IFではゲームやコンピュータの長所を活用して教育改革を試みる

 IFでHawkinsはEA Sportsの成功パターンを踏襲する。EA Sportsではコンピュータ技術やゲームエンジン、ユーザー体験の専門家に加えて、スポーツ界のプロやスポーツ界のデータを取り入れた。IFでは教科の専門家、教育の履修計画や教科書、指導標準などを取り込み、物語であれば人は記憶するという特性なども取り入れるという。

 「どうやってゲームを教育に利用するのか。静かなレボリューションにつながる潜在性があると思う。学習のためのゲーミフィケーションではなく、ゲームのための学習化(learnification)だ」とHawkinsは構想を語る。政府のカリキュラムに沿うような教育ゲームはまだほとんど存在せず、この分野の先駆者を目指すと続ける。4人の子どもの父親でもあるHawkinsは、「すばらしい新世界(Brave New World)だ。教育はタブレット、アプリ、ゲームから恩恵を受けることができると信じている」と目を輝かせた。

(文中敬称略)

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]