編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NEC、総務や調達、販促など共通業務を提供する新会社を設立--子会社4社を再編

山田竜司 (編集部)

2014-02-10 18:51

 NECは2月10日、自社グループ向けに人事や総務、調達、販促など共通業務のサービスを提供する子会社4社を再編し、4月1日付で新会社を発足すると発表した。この再編により、各社が強みを有する業務改善やコスト削減のノウハウや手法を統合。業務プロセスの高度化を図り、多様な業務サービスの品質向上を目指す。

 NECは、現在「2015中期経営計画」をもとに「社会ソリューション事業」を軸とした成長戦略の実行に向け、顧客起点の組織再編やソフトウェア子会社の再編、NECフィールディングの完全子会社化に向けた公開買付け実施など、事業活動を支える体制整備を進めている。今回の再編は、グループ経営基盤の高度化に向けた取り組みの一環とした。

 具体的な再編内容としては、人事や総務サービスなどを提供する「NECプロサポート」、調達サービスなどを提供する「NECパーチェシングサービス」、販促や開発支援サービスなどを提供する「NECデザイン&プロモーション」、研修サービスなどを提供する「NECラーニング」の4社を合併し、新会社「NECマネジメントパートナー」を発足する。

 新会社は、従業員約1400人、NECグループの共通業務に関するサービスを一元的に提供する会社となる。現在各社がNECグループ外の企業に提供している各種サービスについては、新会社発足後も継続して提供する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]