編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ラリタン、KVM-over-IP新製品--フルHD、30fpsのストリーミングにも対応

NO BUDGET

2014-02-24 17:38

 ラリタン・ジャパンはKVM-over-IPの基幹製品と位置付ける「Dominion KX III」シリーズ全11モデルを2月20日から発売している。8ポートを搭載し、リモートユーザー1人に対応する「DKX3-108」の推奨小売価格は37万円から。3月中旬から出荷する。

 Dominion KX IIIは新しいハードウェアアーキテクチャを採用、高性能CPUと強化された圧縮アルゴリズムの処理エンジンで1920×1080のフルHDに対応し、1080Pの音声付きHDでも秒間30フレームで伝送できるとしている。デュアルモニタが必要なダイナミックブロードキャストアプリケーションまでサポート可能とした。リモートサーバへのアクセス制御機能に加えて、業界最高級という映像品質に対応することで放送や、エンターテインメント業界などで重要な映像と音声を多用するアプリケーションもサポートできるという。

 データセンターやラボ、ブランチオフィス、放送室といったハードウェア管理向けに迅速で安全であり、信頼性の高いBIOSレベルでアクセスを制御できるという。世界中どこにいてもリモートで作業できるため、効率アップとともに実際にハードウェアのある場所へと移動する時間とコストを節約できるとしている。

 主な用途としては、放送業界でのHD映像やデジタルオーディオのレビュー、政府や国家の安全保障に関係する組織向けには業務上必須となるストリーミングなどを使用した映像再生、金融や科学、運輸、工業、電力会社での高品質映像を必要とする用途などを想定している。


Dominion KX III(ラリタン・ジャパン提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]