編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

日立、公共機関向けにオープンデータ化支援サービス--計画策定から運用まで

山田竜司 (編集部)

2014-07-01 13:12

 日立製作所は7月1日、公共機関が保有する統計、地図情報などの公共データを活用しやすい形式で公開する「オープンデータ」を推進するためのサービス「オープンデータソリューション」の提供を開始する。現状分析、計画策定から運用までを全面的に支援する。価格は個別見積り。

 オープンデータソリューションは日立グループのオープンデータ関連のサービス群を「現状分析・計画策定」「データ公開基盤整備」「オープンデータ利活用促進」の3つのプロセスにあわせて提供する。オープンデータの計画策定から運用を日立コンサルティング、日立システムズなど日立グループ各社とともに提供する。

 “現状分析・計画策定支援”では、公共機関がどのようなデータを保有しているのかといった現況調査や、利用者がどのようなデータの公開を必要としているかといったニーズ分析、オープンデータの推進に向けた計画策定をサポートする。

 “データ公開基盤整備支援”では、オープンデータのポータルサイトであるデータカタログサイトの導入を支援し、利用者がオープンデータを検索し、活用するための環境を提供する。公開するデータを利用者が活用しやすい形式に変換、整形する作業や、公開するデータの抽出、データカタログサイトへの登録作業の代行、データカタログサイトとコンテンツ管理システム(CMS)の連携によりデータ登録作業を一元化、効率化させる作業などを支援する。

 “オープンデータ利活用促進支援”では、国民や企業を対象にしたオープンデータ活用に関するセミナーなどのイベントを支援し、利用者のオープンデータ活用を促進するほか、ソーシャルメディア上で公開されているさまざまな情報を収集、分析し、公共機関でのオープンデータに関する施策の企画立案に協力する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]