編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

大塚製薬、「2台持ち」MR向け端末をWindows 8.1 Enterprise搭載タブレット1台に統合

怒賀新也 (編集部)

2014-07-02 10:00

 大塚製薬は、すべてのMR(Medical Representatives、医薬情報担当者)向けタブレット端末として「Windows 8.1 Enterprise」を搭載した「Dell Venue 11 Pro」を1900台採用した。6月末までに配備を完了した。

 大塚製薬は、従来ノートPCとタブレットの2種類の端末をすべてのMRに配備していた。MRは医薬関係者との面談時の情報提供にタブレットを利用し、業務報告や資料作成にはノートPCを使うなど2台を使い分けてきた。

 だが、6月のタブレット端末の契約更新に際して、これまで利用していたタブレットを継続使用せず、PCとしてもタブレットとしても利用できるなど管理のしやすさや、サポート品質を評価して、今回のVenue 11Pro導入に踏み切ったとのこと。

 大塚製薬は、2010年7月からいち早くタブレット端末を全MRに導入しており、医薬関係者へのスピーディな情報提供を実現してきた。今回は、端末の一元化による生産性向上を考え、Windowsタブレットを採用した。

 導入により、MRが戦略や提案を考えることに集中できる環境を構築できたこと、端末の一元化とWindows 8.1 Enterpriseの採用により導入、管理費用を約50%削減、端末の紛失時にWindows 8.1 Enterpriseの暗号化機能「BitLocker」によって、データ漏えいのリスクを抑止できるなどの効果があると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]