編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「OS X Yosemite」、プレビュー版の採用ペースは「Mavericks」の約4倍--米調査

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-16 12:21

 Appleの「OS X」の次期バージョンである「OS X 10.10 Yosemite」開発者プレビュー版は、「OS X 10.9 Mavericks」開発者プレビュー版よりも、ライフサイクルにおける同じ時点で開発者から4倍近く高い支持を得ている。

 ウェブ広告と分析を手がけるChitikaが、米国時間6月2日から7月2日にかけてOS Xの広告インプレッション数を測定したところ、OS X Yosemite開発者プレビュー版は米国とカナダの「Mac」の0.15%で使用されていることが分かった。一方、2013年にリリースされたOS X Mavericks開発者プレビュー版は、測定されたウェブトラフィックの0.05%を占めるまでに約30日を要した。

 Chitikaによれば、これはOS X Yosemiteにとって良い前兆だという。

 「全体的に見て、このデータはOS X Yosemiteの前途が明るいことを示している。短期的には、2014年7月7日の『OS X Yosemite Developer Preview 3』のリリースを経て、利用シェアが拡大するだろう。さらに、開発者の活動が活発になってきていることや、同様に無料で提供されたOS X Mavericksの成功を考えると、OS X Yosemiteが2014年に一般公開されたとき、過去のすべてのMacデスクトップOSを上回るペースで普及する可能性は非常に高い」

 Appleは先ごろ、OS X Yosemite Developer Preview 3をリリースした。一般公開版は9月か10月にリリースされる見込みだ。

figure_1
提供:Chitika

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]