編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

データセンター投資、増加傾向続く--能力増強と運用効率化に取り組む

NO BUDGET

2014-07-17 16:41

 IDC Japanは7月17日 、国内企業のデータセンターの投資と運用に関する動向調査結果を発表した。国内企業によるデータセンター投資は今後も堅調に拡大する見込みだという。

 企業や公的機関のデータセンター管理者を対象としたアンケート形式で、金融機関や製造業などの一般企業が所有するデータセンターと、ITサービス事業者や通信サービス事業者などが所有する事業者データセンターの両方を対象に調査した。

 今後5年間でデータセンター投資を増加させると回答したのは、一般企業280社のうち22.5%、データセンター事業者61社のうち36.1%。減少させるとする回答(一般企業で8.9%、データセンター事業者で3.3%)を大きく上回った。

 事業者データセンターでの今後の取り組み項目としては、新設や増設などのデータセンター能力の増強を挙げている。加えて、省エネ対策強化や自動化、不要なデータセンターのシャットダウンなどの運用効率化も挙げている。データセンターサービス市場は拡大していると同時に競争が激化しており、データセンター事業者は設備の増強と同時に、運用効率を改善して投資収益率を確保する必要があるとIDCではみている。

 土地や建物、電気や空調の設備など物理インフラに関する商用サービスとしては、これまでは主に土地選定、建築設計、建築施工などといった初期投資局面でのサービスが多く利用されてきた。今回の調査では、データセンターの老朽化やデータセンターサービス市場の競争が激化するにつれて、物理インフラの運用保守に関する商用サービスの需要が高まりつつあることもわかった。

 同社ITサービス リサーチマネージャーの伊藤未明氏は「今後は、建物や電気と空調の設備をデータセンター事業者が所有せず、一種のアウトソーシングサービスとして利用するようなサービス形態が市場で求められるようになる」と分析している。

今後5年間でのデータセンター投資の増減見込み
今後5年間でのデータセンター投資の増減見込み(IDC Japan提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]