栗原潔「テクノロジーの先行き」

「モノのインターネット」--定義はどこまで拡散するのか

栗原潔 (テックバイザージェイピー) 2014年08月13日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

用語定義拡散のリスク

 IT業界に限ったことではないが、重要概念が市場に登場し、普及していく過程で典型的に見られる現象が用語の定義の拡散だ。これは、主に、多くの利害関係者が自分に都合のいいように用語の定義を拡大解釈して、マーケティングタームとして使用していくことにより生じる。

 例えば、クラウドコンピューティングやビッグデータについて言えば、従来はホスティングと呼んでいたサービスを、サービスの内容自体は変わらないのに「クラウド」と呼び替えてみたり、数百Gバイトレベルの少量データの分析を「ビッグデータ」と呼んだりする「便乗商法」のような用語の利用が見られてきた。今、IoTにも同様の現象が起きる可能性がある。

 言葉の定義は単なるうわべだけの問題ではない。言葉の定義の拡散は議論の拡散を招き、有効なソリューションの理解を妨げる結果にもなる。結果的に市場セグメント全体の健全な成長を阻害する可能性もある。

IoTの元々の定義とは

 諸説はあるが、Internet of Thingsという言葉が最初に使ったのは、1999年に、無線タグの標準化団体「Auto-ID」の創設者の一人であるKevin Ashton氏だとされている。そこでの定義は「センサをあらゆる場所に配置することで、物理的なモノの世界とインターネットを結びつける」ということであった。

 つまり、元々のIoTの定義とは「無線タグを付したモノがセンサとコンピュータを介してインターネットに接続される世界」だったのである。これを狭義のIoTと呼びたい。この狭義のIoTは、10年以上にわたり続いてきて無線タグ普及の取り組みの延長線上にあるものだ。

 しかし、今、より広い意味でIoTという言葉が使われることが多い。すなわち、「コンピュータを内蔵した機器がインターネットに接続される世界」もIoTに含めて考えることが多い。今まではスタンドアロン、あるいは、局所的なネットワーク接続機能しか備えていなかったモノがインターネットに接続する機能を備えたということだ。カーオートメーション(テレマティクス)、スマート家電、ホームオートメーション(スマートハウス)などはこのカテゴリに属するだろう。

 市場カテゴリとしての将来性と重要性を考えれば、IoTを狭義に限定する必要はなく、広義のIoTを含めた方が適切であると思われる。また、1つのモノが両方の世界に対応できることもあり得るだろう。

 IoTがさらに広い意味で使用されることもある。モバイル機器まで含めて、ネットワークにつながるモノは何でもIoTの範囲に含めてしまおうという考え方だ。さらに、スマートウォッチやスマートグラスなどのウェアラブル機器もIoTに含めてしまうケースもある。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算