TKC、SaaS型ウェブ会議システム「WebEx」採用--テレプレゼンスと併用

NO BUDGET

2014-08-06 06:15

 TKCは、円滑なコミュニケーションや経営意思決定のスピードアップを支える社内コミュニケーション基盤の見直しに向けて、映像会議を中核とした製品を8月から導入した。同社とシスコシステムズが8月5日に発表した。

 従来拠点間の会議に利用していた映像会議システム“テレプレゼンス”に加え、既設のネットワーク環境を利用して社員が手持ちのPCやスマートデバイスから、いつでもどこからでも安全なアクセスが可能となるSaaS型ウェブ会議システム「Cisco WebEx」を全社で採用した。

 情報セキュリティが求められる社内会議では通信環境として仮想専用網(VPN)を活用したリモートアクセス「Cisco Any Connect」を採用すしている。端末の利用環境が多彩な社外会議ではWebExでプラットフォームを問わず、参加用URLを案内するだけで簡単に会議を開ける。

 TKCでは、これまでの社内外の会議に場所や時間の制約があり、「参加者の日程調整で開催が遅れる」「必要な会議が開催できない」といった不都合があった。トラブル発生時の顧客サポートでは、「電話では正確な状況把握が難しく解決までに時間が掛かる」「訪問では即時性に欠ける」などの問題も指摘されていた。今回の製品導入は、こうした課題の解決を図っていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]