レッドハットの最高技術責任者が辞任

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-29 12:31

 Red Hatの一般従業員は誰もこの事態を予想していなかったようだ。同社で長らく最高技術責任者(CTO)を務めてきたBrian Stevens氏が辞任することになり、従業員らは「ショッキングだ」とか「ボディーに一発食らった気分」との反応を示している。

 同社は簡潔なプレスリリースで「Brian Stevens氏がCTOの座を降りる」と発表した。

 Red Hatのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のJim Whitehurst氏はその発表のなかで「Brianの長年にわたる尽力と、Red Hatのビジネスにおける数多くの貢献にわれわれは感謝している。同氏の今後の活躍を祈りたい」と述べた。

 Red Hatが新CTOを選出するまで、同氏の職務はRed Hatの製品及びテクノロジ担当プレジデントであるPaul Cormier氏が代行する。

 Stevens氏は2001年からRed Hatに在籍していた。それ以前はMission Critical LinuxのCTOや、Digital Equipment Corporation(DEC)においてUNIX関連のシニアアーキテクトを務めていた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]