編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Facebookやグーグルら、業界団体「TODO」を設立--オープンソースの課題に取り組む

CNET Japan Staff

2014-09-16 12:27

 Facebook、Google、Twitterなど10の企業と団体は米国時間9月15日、オープンソースに関する課題に取り組む新たな業界団体「TODO(talk openly, develop openly)」を設立した。

 TODOはその目的について、公式ウェブサイトで「質の高い頻繁なリリースの確保、開発者コミュニティとの連携、他のプロジェクトの効果的な活用や貢献など、オープンソースプログラムが直面する多くの課題に取り組む」ことだとしている。

 その他の参画企業と団体は、Box、Dropbox、GitHub、Khan Academy、Square、stripe、WalmartLabs。

 Facebookでオープンソースを担当するJames Pearce氏はブログで、今後数週間でTODOの計画についてさらに情報を公開すると述べ、企業に参加を呼びかけている。TODOへの参加を希望する組織は、ウェブサイトから申し込むことができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]