「Red Hat Enterprise Linux 5.11」GA版がリリース

CNET Japan Staff

2014-09-17 12:46

 Red Hatは米国時間9月16日、「Red Hat Enterprise Linux 5」の最後のマイナーリリースである「Red Hat Enterprise Linux 5.11」をリリースした。

 セキュリティの強化と安定性の向上に加えて、主に以下の点が強化された。

  • 新たなストレージドライバにより、Red Hatのハードウェアパートナーが提供する最新のストレージアダプタに対応する。
  • Red Hat Access Supportにおけるデバッグ機能の向上により、Red Hat Enterprise Linux 5内のコンソールを通じた管理や診断、Red Hatとの直接対話が容易になる。
  • 「VMware ESXi」上でのRed Hat Enterprise Linuxのゲスト稼働に対する改善が図られている。
  • サブスクリプション管理サービスからの情報を増やすことで、GUIとコマンドライン双方におけるサブスクリプション管理が容易になる。
  • OpenSCAPのバージョン1.0.8へのアップデート。このバージョンは、Security Content Automation Protocol(SCAP)バージョン1.2で定義されているAuthenticated Configuration ScannerカテゴリのCommon Vulnerabilities and Exposure(CVE)オプションに基づいて、米国標準技術局(NIST)から認証されたもの。

 Red Hat Enterprise Linux 5.11は現在、Red Hat Enterprise Linuxのサブスクリプションが有効な全ての顧客とパートナーに対し、カスタマーポータルサイトで提供されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]