編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

オラクル、「Oracle Cloud Applications」Release 9発表

NO BUDGET

2014-10-07 12:00

 米Oracleは9月29日、Oracle OpenWorld 2014 in San Franciscoにおいて最新のクラウドアプリケーション「Oracle Cloud Applications」 Release 9を発表した。

 同社が公表した主な特徴は以下の通り。

・パーソナライズ

 ユーザーは自社の業務に合わせてアプリケーションを調整し、従業員が自らユーザーエクスペリエンス、ダッシュボード、レポート、ワークフロー、データを設定できる。ユーザーとパートナーは「Oracle Cloud Platform as a Service」(Cloud PaaS)を使ってCloud Applicationsをパーソナライズして新しい機能を作成したり、モバイル向けを含めたSaaS形式のアプリケーションを独自に作成できる。

・結合

 Cloud Applicationsを利用することで、企業はビジネス全体(データ、プロセス、アナリティクス、人)を結合し、統一されたユーザーエクスペリエンスを従業員に提供できる。さらに、ユーザーはクラウド、オンプレミス、サードパーティ製アプリケーションの間でプロセスとデータをシームレスに統合できる。

・セキュア

 Cloud Applicationsは、世界19カ所のデーセンター、インダストリークラウド、データセキュリティ、共通のコントロールとプロセス、高度なセキュリティインフラストラクチャ、分離されたデータテナンシーを通じて、ユーザーがデータの所在に関するローカル要件を順守する上で役立つ。

・クラウドの利用のための実用的手法

 ユーザーによるクラウドアプリケーションの採用に役立つように、OracleはCustomer 2 Cloudプログラムを「Oracle ERP」の顧客にまで拡大。このプログラムを通じて、Oracleのオンプレミスユーザーは、現在のサポートをクラウドアプリケーションへと移行できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]