HANA Enterprise CloudをSoftLayerから利用--SAPとIBMがパートナーシップ

NO BUDGET

2014-10-16 07:15

 SAPがクラウドサービスの戦略的重要プロバイダーとしてIBMを選出した。両社が10月14日に発表した。今後、SAPのマネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」を、世界各国に広がるIBMのデータセンターから利用できるようになる。

 IBMとSAPは協力体制の下、SAPのソフトウェアをIBMのクラウド環境で提供する。基幹業務システム(ERP)であるSAP Business Suiteなどのソフトウェアをクラウド環境で実行できるようにすることで、SAPはインメモリデータベース「HANA」によるアプリケーション処理の高速化技術を幅広く提供できるようになる。

 IBMは、これまでの導入ノウハウに加え、IBM CloudManaged Services(CMS)とSoftLayerのアーキテクチャを基に、顧客が持つSAPソフトウェアのワークロードを管理し、データを試用段階から運用段階まで一貫した基盤上で保管する。

 顧客がIBMとSAPの2社のテクノロジとサービスを利用できる点も、さまざまな規模の顧客にとって利点があるとしている。

 また、IBMクラウドでは、顧客自身が管理できるため、自社で蓄積したセキュリティのノウハウなどをクラウド環境に取り入れ、拡張することも可能という。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]