編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

予測分析ソフト「SAP InfiniteInsight」新版--Hadoopや地理情報にも対応

NO BUDGET

2014-09-25 18:51

 SAPジャパンは9月25日、予測分析ソフトウェアの新版「SAP InfiniteInsight 7.0」の提供を開始した。

 InfiniteInsightは、予測分析するための変数の作成とモデル構築、分析作業を自動化し、データ分析の専門家ではない業務部門のユーザーがデータ解析できるという。予測モデル構築に必要な変数を作成するためのデータ加工、予測モデルの検証までを自動化するため、データ解析にかかる時間を削減できるとしている。

 従来の予測分析では、変数の設定やモデル構築、検証といった作業を分析の専門家であるデータサイエンティストが自らの知識と経験に基づいて行う必要があった。InfiniteInsightでは、現在知られている多くの手法の中で優れた性能の学習モデルを使った独自のアルゴリズムで作業を自動化する。解析に必要な予測モデル構築は、入手できるすべての変数を活用して複数のモデルを作成し、その中から最適なモデルを選択するだけでなく、機械学習でより精度の高いモデルを作成できるという。

 新版では、従来から対応していたデータベース(DB)の「SAP HANA」「SAP Sybase IQ」「MySQL」などに加え、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」、データウェアハウス向けDB「Pivotal Greenplum』を新たにサポートする。データソース内のカラムを組み合わせ、新しい説明変数を作成する機能や目的変数が連続的な場合のエンコーディングの改善などで精度の高い予測モデルを構築できるという。

 経度や緯度といった位置情報を変数として組み込めるようにもなっている。位置情報の変数をもとに、予測分析の結果をタイル情報として、「Google Earth」上に重ねて表示でき、地理情報システム(GIS)に活用される位置情報などの業界標準データフォーマットである「KML」「GML」「Shapefile」にもエクスポートできる。タイル上の同じ時間帯での人の密度や行動をモデルで利用する機能も搭載されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]