編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本写真印刷、インメモリDB「HANA」ベースのクラウドでERPを稼働--日本初

NO BUDGET

2014-08-29 07:45

 日本写真印刷(京都市中京区)は、自社グループの経営戦略を支えるシステム基盤としてマネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」上でインメモリに対応した統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP ERP」を稼働させている。SAPジャパンが8月28日に発表した。国内初という。

 日本写真印刷が稼働させているSAP ERPは、日本に開設したデータセンター上で運用するHANA Enterprise Cloud上にある。インメモリ化したビジネスアプリケーション群「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を稼働させることで、常に最新のテクノロジを活用できる経営基盤を整備し、分析力の高度化と意思決定の高速化、急激に変化する経営環境への対応力を強化する。

 日本写真印刷では、国内外29社のグループ共通の経営基盤として2010年からSAP ERPをオンプレミス、グローバルシングルインスタンスで構築、活用してきた。

 同社のビジネスを取り巻く環境が急激な変化をみせており、競争の激化、市場環境の急激な変化などへのグローバルレベルでの迅速な対応力が求められていたという。そこで、より柔軟に変化でき、より早い意思決定を下すための経営基盤が必要と判断し、クラウドとインメモリ技術の経営基盤への適用を検討していた。

 同社では、まず分析系に「SAP NetWeaver Business Warehouse(BW) Powered by SAP HANA」を日本の製造業として初めて導入し、経営基盤にインメモリ技術がどう寄与するのかを検証した。その結果、今までの分析作業が向上し、HANAの安定性の向上や機能にも満足したことから基幹系システムへもHANAを採用することを決定した。

 同時に、運用のシンプル化と柔軟性を目的に基幹システムをHANA Enterprise Cloudへ移行することを決定した。新たな基盤への移行プロジェクトはSAPジャパンのサービス部門が中心となって実施し、8月17日に約7カ月で完了、本番業務停止時間を最小化するため「System Landscape Optimization」サービスをフル活用した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]