編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト、「Azure」向け無料マルウェア対策機能をリリース

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-06 11:57

 Microsoftは「Microsoft Azure」ユーザーを対象に、「Microsoft Antimalware for Azure Cloud Services and Virtual Machines」をリリースした。

 この無料の拡張機能は、デフォルトで無効の状態でインストールされる。対象は全ゲストOSで、具体的には「Windows Server 2008 R2」「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」。Azureの「Virtual Machines」プラットフォームにはデフォルトでインストールされないが、Azureの管理ポータルや「Visual Studio」の仮想マシン設定の中で、「Security Extensions」以下の設定で追加することができる。

 このマルウェア対策サービスでは、Microsoftのマルウェア対策製品「Forefront」「System Center」「Windows Defender」と同じエンジンとシグネチャが使われている。また同じアップデートや、オンデマンドおよびリアルタイムのスキャニングが提供される。無料である一方で、このソフトウェアを稼働させることにより「(中略)データ、ネットワーク、コンピューティングリソース使用量が増加する可能性があり、追加ライセンスやサブスクリプション費用につながることもある」という。

 このサービスはAPIやPowerShell経由、およびVisual Studioの「Server Explorer」における仮想マシン設定を使ってプログラムできる。これにより、企業は同サービスの設定を高度に管理することが可能だ。インストールと起動をした上で「Azure Diagnostics」で設定した場合、同サービスはイベントを「Azure Storage」アカウントに記録する。これらのイベントは、「HDInsight」やSIEMシステムに送ることもできる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]