マイクロソフト、「Azure」向け無料マルウェア対策機能をリリース

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-06 11:57

 Microsoftは「Microsoft Azure」ユーザーを対象に、「Microsoft Antimalware for Azure Cloud Services and Virtual Machines」をリリースした。

 この無料の拡張機能は、デフォルトで無効の状態でインストールされる。対象は全ゲストOSで、具体的には「Windows Server 2008 R2」「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」。Azureの「Virtual Machines」プラットフォームにはデフォルトでインストールされないが、Azureの管理ポータルや「Visual Studio」の仮想マシン設定の中で、「Security Extensions」以下の設定で追加することができる。

 このマルウェア対策サービスでは、Microsoftのマルウェア対策製品「Forefront」「System Center」「Windows Defender」と同じエンジンとシグネチャが使われている。また同じアップデートや、オンデマンドおよびリアルタイムのスキャニングが提供される。無料である一方で、このソフトウェアを稼働させることにより「(中略)データ、ネットワーク、コンピューティングリソース使用量が増加する可能性があり、追加ライセンスやサブスクリプション費用につながることもある」という。

 このサービスはAPIやPowerShell経由、およびVisual Studioの「Server Explorer」における仮想マシン設定を使ってプログラムできる。これにより、企業は同サービスの設定を高度に管理することが可能だ。インストールと起動をした上で「Azure Diagnostics」で設定した場合、同サービスはイベントを「Azure Storage」アカウントに記録する。これらのイベントは、「HDInsight」やSIEMシステムに送ることもできる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]