編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

携帯電話出荷台数、3四半期連続で減少--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-12-14 09:30

 IDC Japanは携帯電話やスマートフォン端末の2014年第3四半期(7~9月)の出荷台数を発表した。7~9月の総出荷台数は前年同期比14.8%減の766万台、国内スマートフォン出荷台数は前年同期比24.2%減の521万台と3四半期連続のマイナス成長だった。

 このマイナス成長の主要因として、通信事業者の販売奨励金戦略の見直しによる販売台数減少の影響、iPhone新製品の市場投入前の買い控え、そしてAndoroid搭載スマートフォン製品の販売不振で出荷台数の減少傾向が続いていることを挙げた。

 スマートフォンを含む携帯電話総出荷台数のベンダー別シェアでは、Appleが8四半期連続で首位の座を維持。スマートフォン市場がマイナス成長を記録する中、同社は9月後半、新製品の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を市場投入したことでシェアが43.2%へと上昇している。

 上位トップ3では、大手通信事業者3社に対して、従来型携帯電話と「AQUOS」シリーズのスマートフォンを安定供給しているシャープが13.9%を獲得、前四半期と同じく第2位になった。第3位には、KDDI向けを中心にスマートフォンと従来型携帯電話を同時出荷している京セラがランクインしている。

 スマートフォンのベンダー別シェアでは、iPhone新製品の販売好調が続くAppleが63.5%を獲得して第1位に、ソフトバンクや米Sprintと共同開発したAQUOSシリーズの出荷増加を果たしたシャープが第2位。また、NTTドコモとKDDI向け「Xperia」シリーズの販売が堅調なソニーが、前四半期同様にトップ3に入った。

 IDCは、2014年第4四半期(10~12月)はiPhone 6やiPhone 6 Plusの出荷増に加え、Android搭載の新規端末もベンダーから積極的に市場投入されることにより、出荷台数は一時的に好転する可能性が高い。しかし、年間ベースではマイナス成長となるIDCの予測に変更はないとしている。

7~9月の国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア
7~9月の国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]