誰のための情報公開?--未パッチの「Windows」脆弱性を公表するグーグルの是非

Tony Bradley (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年01月19日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間1月13日はMicrosoftの月例パッチ公開日だったが、Googleはこの2日前に「Windows」の脆弱性に関する詳細を実証コードも含めて公表した(編集部注:さらに15日にも、Windowsの別の脆弱性に関する情報を公開している)。

 Microsoftは、そうした無責任に思われるGoogleの情報の公表について、公然と批判している。しかしGoogleはもともと、その脆弱性の詳細を2014年10月13日にMicrosoftに伝えており、これは公開までに90日の猶予期間を設けるという厳格なポリシーに従っている。Microsoftの90日の猶予期間が切れた時点で、Googleはバグの詳細を公開した。

 どちらの企業が正しいのだろうか。「責任ある」公開についての議論はずいぶん前から盛んに行われている。開発者は間違いなく、パッチを作成し、テストし、配布できるようになるまで(それがいつになろうと)、不具合を秘密にしておきたがるだろう。一方、研究者は、自分たちの努力が無駄ではなかったこと、そしてベンダーが脆弱性の発見を真剣に考えていることを確かめたいと思っている。Googleのような研究者が、パッチ公開前にバグについての情報を公開することには疑問があるかもしれないが、研究者がその情報を無期限に秘密にし、その間も数多くのユーザーが、存在すら知らないセキュリティ上の脅威にさらされるというのも、同じくらい問題があると解釈することができる。

 Microsoftは12日に、協調的な脆弱性の公開をめぐる議論についてのブログ記事を公開した。MicrosoftのChris Betz氏は、次のようにはっきりと述べている。「現在の状況を見れば、今は、脆弱性の公開や、それらの修正といった重要な保護戦略をめぐって、セキュリティ研究者とソフトウェア企業が協力する時であって、対立する時ではない」

 筆者はセキュリティの専門家に、責任ある、または協調的な公開の倫理面について意見を聞いた。予想通り、両方の立場の答えが出てきた。

 セキュリティソリューションを手がけるRook SecurityのセキュリティオペレーションセンターのマネージャーであるTom Gorup氏は、今回の公表のタイミングは、Googleによる以前のゼロデイ脆弱性の公表と同じタイミングだと指摘している。その上で同氏は、Googleが一貫したポリシーを実施したことを称賛している。「脆弱性の存在を知らなかったら、私はその脆弱性を利用する攻撃を検出したり、防いだりするための対策が何も取れない。一般の人々がこの問題を認識していないからといって、この脆弱性が積極的に悪用されていないということにはならない。脆弱性の公開には一貫性があることも重要だ」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算