編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

Linux用オープンソースソフトウェア人気ランキング--各分野の上位は - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-02-10 06:00

メッセージングとVoIPアプリケーション

 Linuxデスクトップユーザーの誰もが「Pidgin」はインスタントメッセージクライアントの1位になると予想していただろう。Pidginは使いやすいし、基本的にどんなインスタントメッセージプログラムとも連携できる。

 一部のLinuxユーザーに衝撃を与えそうなのが、VoIPプログラムの1位に選ばれたのが、Microsoftの「Skype」だったことだ。そう、驚くべきことに、まず、Microsoftは「Skype for Linux」を提供している。そして、ユーザーの46%の支持を受けて、最も人気のあるLinux用VoIPプログラムにあっさりと選ばれた。

 個人的には、この結果はいまいち理解できない。筆者は「Google Voice」と「Hangouts」を使っているが、結果を見ると、SkypeがWindowsだけでなく、Linuxでも1位だという。意外だ。

モバイルOS

 「Android」がモバイルLinux OSで1位であることに、驚きようはないだろう。「Firefox OS」「Tizen」、Ubuntuなどは、マインドシェアを獲得しようと努力しているが、成功していない。それだけの話だ。

LinuxサーバOS

 この項目の1位も意外ではない。32%の票を得た1位は、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の無料のクローンである「CentOS」だ。このサーバOSは以前から人気で、特にウェブホスティングサイトやデータセンターでの人気が高い。Red Hatのサポートを必要としない経験豊かな管理者にとって、CentOSはRHELの品質を兼ね備えているからだ。

 CentOS以外を見ても、ほとんど驚きはない。2位以下のディストリビューションは、Slackware、「Debian」、Ubuntuだ。筆者自身は、CentOSをメインのウェブサイトである「Practical Technology」に使っている。驚いたのは、「openSUSE」(筆者は自分の内部サーバに使っている)や、RHEL、「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)の順位の低さだ。エンタープライズ分野ではRHELが一番であり、SLESも一部の大企業では重要な役割を果たしている。

データベース

 その昔、一番のオープンソースデータベース管理システムは何かということに疑問の余地はなかった。問答無用で「MySQL」だった。それから状況は変わった。

 現在、オープンソースデータベース管理システムで一番のものと言えば「MariaDB」である。MariaDBは、2012年にMySQLからフォークして以来、短期間で人気を獲得している。MySQLには今でも支持者がいるが、2位の座は「PostgreSQL」に奪われている。

 筆者自身も最近、MariaDBに乗り換えており、それが非常に気に入ったことは認めなければならない。実はそれは、MySQLの一時的な代替として使っているのだが、動作は速く、サーバへの負担も小さい。

クラウド

 この項目は、最も興味深い結果になったと言えるかもしれない。「OpenStack」や「CloudStack」「Eucalyptus」が1位になるのではなく、小規模な「ownCloud」が票の半分以上を獲得して頂点に立ったからだ。OpenStackは他を大きく引き離して2位になっている。

 それ以外の結果については、LinuxQuestionsのウェブサイトを見ていただきたい。最後に1つ紹介しよう。テキストエディタ第1位をめぐって「vi」と「EMAC」の争いが永遠に続いているが、viの派生版である「Vim」がEMACSに楽々と勝利を収めて、最も人気のあるテキストエディタになったのだ。当然の結果だろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]