編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

GitHubやStackOverflowでの人気言語ランキング--Swiftが20位圏外で大躍進

ZDNet Japan Staff

2015-01-16 11:19

画像説明 ※クリックすると拡大画像が見られます

 産業調査会社のRedMonkが、2015年1月版のプログラミング言語ランキングを発表した。これはGitHubでの各言語の使用率と、プログラマー向けQ&AサイトのStack Overflowでの発言量を元に作られたもので、2010年から定期的に発表されている。

 2つの統計の相関を示すグラフと、各言語のランキングは以下の通りだ。

順位
1 JavaScript
2 Java
3 PHP
4 Python
5 C#
5 C++
5 Ruby
8 CSS
9 C
10 Objective-C
11 Perl
11 Shell
13 R
14 Scala
15 Haskell
16 Matlab
17 Go
17 Visual Basic
19 Clojure
19 Groovy
(同率順位はアルファベット順)

 ただしRedMonkは、この数字はプログラミング言語の一般的な使用量を表したものというよりは、将来の有望度を考える上で参考にするためのもので、割り引いて受け取るべきだとしている。

 1位のJavaScriptと2位のJavaは僅差だった。10位までのランキングはほぼ安定しており、C++とRubyがランキングを1つ上げて同率5位になったほかは、前回とほとんど変わっていない。5位の3言語も上位の言語を脅かす勢いはないという。Pythonは2014年第1四半期に一時ランキングを下げたのを除けば、コンスタントに4位につけている。

 動きがあったのは11位以下だ。Rはここしばらくコンスタントに順位を上げてきたが、今回は前回と同じ13位にとどまった。ただし、このランキングでは上位がほとんど動かないため、これ以上順位が上がらないことは事前に予想されていた。また、Goは20位圏外から大きく順位を上げ、Visual Basicに並び、Clojure、Groovyなどを飛び越して17位につけた。

 しかし、もっとも目立ったのは、20位圏外のSwiftだ。SwiftはAppleが2014年のWWDCで発表した、iOSやOS X上での開発に使われる言語で、もともとランクが上がることが予想されていたが、今回は68位から22位へと大躍進を遂げた。従来のランキングでは、躍進した言語でも上昇するのは5位から10位までで、これほど大きなランクアップは前例がなく、次回は20位圏内に入ってくることが予想されるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]