GitHubやStackOverflowでの人気言語ランキング--Swiftが20位圏外で大躍進

ZDNet Japan Staff 2015年01月16日 11時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
画像説明 ※クリックすると拡大画像が見られます

 産業調査会社のRedMonkが、2015年1月版のプログラミング言語ランキングを発表した。これはGitHubでの各言語の使用率と、プログラマー向けQ&AサイトのStack Overflowでの発言量を元に作られたもので、2010年から定期的に発表されている。

 2つの統計の相関を示すグラフと、各言語のランキングは以下の通りだ。

順位
1 JavaScript
2 Java
3 PHP
4 Python
5 C#
5 C++
5 Ruby
8 CSS
9 C
10 Objective-C
11 Perl
11 Shell
13 R
14 Scala
15 Haskell
16 Matlab
17 Go
17 Visual Basic
19 Clojure
19 Groovy
(同率順位はアルファベット順)

 ただしRedMonkは、この数字はプログラミング言語の一般的な使用量を表したものというよりは、将来の有望度を考える上で参考にするためのもので、割り引いて受け取るべきだとしている。

 1位のJavaScriptと2位のJavaは僅差だった。10位までのランキングはほぼ安定しており、C++とRubyがランキングを1つ上げて同率5位になったほかは、前回とほとんど変わっていない。5位の3言語も上位の言語を脅かす勢いはないという。Pythonは2014年第1四半期に一時ランキングを下げたのを除けば、コンスタントに4位につけている。

 動きがあったのは11位以下だ。Rはここしばらくコンスタントに順位を上げてきたが、今回は前回と同じ13位にとどまった。ただし、このランキングでは上位がほとんど動かないため、これ以上順位が上がらないことは事前に予想されていた。また、Goは20位圏外から大きく順位を上げ、Visual Basicに並び、Clojure、Groovyなどを飛び越して17位につけた。

 しかし、もっとも目立ったのは、20位圏外のSwiftだ。SwiftはAppleが2014年のWWDCで発表した、iOSやOS X上での開発に使われる言語で、もともとランクが上がることが予想されていたが、今回は68位から22位へと大躍進を遂げた。従来のランキングでは、躍進した言語でも上昇するのは5位から10位までで、これほど大きなランクアップは前例がなく、次回は20位圏内に入ってくることが予想されるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算