世界で最も高度かつプロのサイバー攻撃集団The Equation Group--その正体は

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年02月17日 11時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現地時間2月16日にKaspersky Labsはメキシコで開催した「Kaspersky Labs Security Analyst Summit」で、「The Equation Group」というサイバー攻撃チームの存在に関する研究を明らかにした。同社の研究機関Kaspersky Lab Global Research and Analysis Team(GReAT)のメンバーは、このグループはウイルス「Stuxnet」と「Flame」の“先祖”であり、2001年から活動していると述べている。早ければ1996年に活動を開始した可能性もあるという。

 The Equation Groupは複数のマルウェアプラットフォームを利用するという。その中には複雑さと高度さという点で、かつて話題となったマルウェア「Regin」のような脅威をはるかに上回っているという。

 「The Equation Groupはおそらく、世界で最も高度な技術を持つサイバー攻撃グループだろう。われわれがこれまで見てきた中で最も高度な脅威グループだ」とKapsersky Labsの研究者は述べた。

 GReATは、世界中でサイバー攻撃を展開するThe Equation Groupの60人を追跡した。そこから、約20年にわたって活動している同グループは、自分たちがこれまで追跡したり目撃したあらゆるものをはるかに上回るレベルだったという結論を出している。

 Kapsersky Labsの研究者によると、The Equation Groupはいくつかの点で特徴があるという--非常に複雑で開発が高価なツールを利用していること、ターゲットを感染させ、データを盗み、自分たちの犯行を隠す一連の方法がとてもプロフェッショナルだということ、その一方で“古典的な”スパイテクニックを利用して悪意あるペイロードを送り込むということ、などだ。

 感染させるにあたって、The Equation Groupはさまざまなトロイの木馬やツールを利用する。同グループのツールキットには、少なくとも2種類の「Stuxnet」の変種、ゼロデイ攻撃とエクスプロイトなどがあり、WindowsとMac、それにブラウザをターゲットにできる。

 Kasperskyは、The Equation Groupがマルウェアに利用するエクスプロイトツールを合計で7種検出、最低でも4種類はゼロデイ攻撃をするものだった。また、マシン感染の成功を確実にするのに用いるという未知のエクスプロイトも多数あるという。


提供:Kaspersky Labs

 Kaspersky LabsでGReATディレクターを務めるCostin Raiu氏は、The Equation GroupはiPhoneエクスプロイトも持っているとの予想を示した。「だが、確認はできていない」とRaiu氏は続ける。

 KasperskyはThe Equation Groupが利用する特別なツールに「EquationDrug」「DoubleFantasy」「TripleFantasy」「Fanny」「GrayFish」などの名前をつけている。このうち、Fannyは2008年に作成されたコンピュータワームで、USBハードドライブをターゲットとする。中東とアジアを狙ったものだ。

 The Equation Groupが使用する2つ目の強力なツールは、プラグイン形式のnls_933w.dllだ。Kaspersky Labのセキュリティ専門家であるVitaly Kamluk氏はnls_933w.dllについて、「ユニークで極めて高度な究極のサイバー攻撃ツール」と説明した。このプラグインは、これまでより低レベルでハードドライブ(HDDとSSDの両方)にアクセスできる能力を備える。

 さらに、アクセスするだけでなく、データを書き換えることもできてしまう。

 Kamluk氏によると、「検知するのさえ非常に困難」だというnls_933w.dllは、感染したハードドライブのファームウェアを再プログラムすることが可能だ。The Equation Groupは書き換えを実行することで、マルウェアの極めて長い永続性と、ディスクの再フォーマットに耐えられる能力を実現させるだけでなく、同マルウェアによって検知がほぼ不可能な隠しストレージ領域を作成することもできてしまう。

 GReATはこれまでに、SeagateやWestern Digital、サムスンを含む12のベンダーのハードドライブが無防備であることを確認している。

 Kamluk氏によると、残念ながら、自分も感染しているかもしれないと思うのなら「ハードドライブを破壊」すべきだとGReATは忠告している。なぜなら、このマルウェアはOSを完全に再インストールしても除去できないだけでなく、盗まれたユーザーのデータ(おそらく秘密のストレージスペースに隠されるのだろう)は常にリスクにさらされ、最終的にThe Equation Groupの指揮統制センターに送信されてしまうおそれもあるからだ。

 「やつらは間違いというものをしない。もし間違えるとしても、ごくごく稀だ」とRaiu氏は述べた。

編集部注:Reutersは複数の元従業員の話をもとに、このグループの正体が、米国家安全保障局(NSA)だと報じている。また、KasperskyはThe Equation Groupの背後については何も述べていないものの、NSAがイランの核施設を破壊するために開発を主導したStuxnetとの関連性に触れている点をReutersは指摘している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]