編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MS、「Azure Mobile Engagement」のパブリックプレビュー版を提供開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-20 12:16

 Microsoftは米国時間2月18日、「Microsoft Azure」上で動作する、モバイルのリアルタイム分析サービス「Azure Mobile Engagement」のパブリックプレビュー版を公開した。

 新サービスは、2014年5月に同社が買収した、パリに拠点を置くCapptainのテクノロジに基づいて開発されたものだ。

 ユーザーは同サービスを使用することで、アプリの利用を促したり、ターゲット広告やマーケティングキャンペーンを作成するためのリアルタイム分析が可能になる。データは既存のCRMやCMSのほか、他の業務システムからAPIを介して収集できる。

 同社のブログ投稿には以下のように記されている。

 「Azure Mobile Engagementは、SaaSとして提供される、データ駆動型のユーザーエンゲージメントプラットフォームであり、これによりリアルタイムで粒度の高いユーザーセグメンテーションと、アプリユーザーの分析、コンテキストアウェアなスマートプッシュ通知、接続されているすべてのデバイス間でのアプリ内メッセージングなどが可能になる」

 このサービスは、Googleの「Google Cloudメッセージング」(GCM)や、Appleの「Appleプッシュ通知サービス」(APNs)、Microsoftの「Microsoftプッシュ通知サービス」(MPNS)といった他のプッシュ通知サービスのゲートウェイとも連携できる。なおMicrosoftは、この新サービスが顧客のデータから得た情報を共有したり、販売するものではないという点を同ブログで強調している。

 プレビューはMicrosfot Azureのサイトからダウンロードできる。価格情報のページも用意されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]