編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

仮想化分野でもクロスプラットフォームを展開するMS--レッドハット、ヴイエムウェアとの関係は

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-02-25 11:58

 Microsoftはクロスプラットフォーム展開を拡大する中で、競合他社に愛想よくしているが、接し方が回りくどいこともある。

 例えば、仮想化分野で起きていることを考えてみてほしい。Microsoftは既に、一部のLinuxディストリビューションを「Azure」の仮想マシン上で実行するオプションを提供している。現在のところ、そのLinuxディストリビューションには、Canonicalの「Ubuntu」やOpenLogicの「CentOS」のほか、「CoreOS」「Oracle Linux」「SUSE Linux Enterprise」「Open SUSE」などがある。

figure_1

 このリストにRed Hatの名前はまだない。筆者が2014年秋に述べたように、多くのMicrosoft顧客は、Red HatがAzureで認定、サポートされることに大きな関心を寄せている。これがまだ実現していない原因が、MicrosoftとRed Hatのどちらにあるのかは不明だ。舞台裏ではさまざまな見解が提示され、責任追及が行われているが、Red HatのLinuxがサポートされるのか、されるとしたらいつになるのかについて、新たな情報はない。

 とはいえ、Microsoftは米国時間2月23日、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の最新版「Red Hat Enterprise Linux 7.0」が、オンプレミスの「Windows Server」上の「Hyper-V」でゲストとしてサポートされたことを発表した。

 RHEL 7.0は「Windows Server 2008 R2 Hyper-V」「Windows Server 2012 Hyper-V」「Windows Server 2012 R2 Hyper-V」での実行が認定されている(2012 R2 Hyper-Vの認定には、第1世代と第2世代の両方の仮想マシンが含まれる)。MicrosoftのVirtualization Blogの記事によると、「RHEL 5.9」以降や「RHEL 6.4」以降など、32ビット版と64ビット版のRHELの旧バージョンもRed Hatによって認定されているという。

 一方、ハイパーバイザと言えば、MicrosoftのHyper-Vの最大のライバルはVMwareだ。

 CRNの先週の報道によると、Microsoftは2015暦年第3四半期までにVMwareベースの仮想マシンをAzureで実行できるようにする計画だという。Microsoft関係者はこの報道についてコメントを控えた。しかし、MicrosoftがVMwareをAzureで実行可能にする戦略を既に発表しており、それ以上何が必要なのか、筆者にはよく分からない。

 Hyper-VのMost Valuable Professional(MVP)受賞者であるAidan Finn氏に質問したところ、Microsoftが2014年のInMage買収で手に入れたテクノロジによって、VMwareサポートが可能になるという。MicrosoftはInMageのテクノロジをベースとする「Migration Accelerator」を限定プレビューとしてテストしている。Migration Acceleratorは、現在の「Hyper-V Replica」と同様の形で、物理マシンとVMwareマシンをAzureに移行させるツールだ。

 Microsoftは10月のTech Ed Europeで、「Azure Site Recovery」(ASR)テクノロジが「vSphere」ワークロードのAzureへのレプリケーションもサポートすることを発表した。これにより、VMwareの顧客はMicrosoftのディザスタリカバリ・アズ・ア・サービスにアクセスできるようになる。

 「一部でInMage買収の成果が出始めている。私としては、Microsoftは非常に優れた機能を追加したという印象だ。まだ初期の段階だが、『System Center』を要件から除外したことで、関心が大きく高まった。ASRに大きな関心を示している顧客やパートナーには、VMwareの顧客とパートナーも含まれる」(Finn氏)

 「サービスのクラウドへの移行に関して言えば、それが大規模な移行であれ、ハイブリッド戦略の一環であれ、顧客はクラウド仮想化プラットフォームを管理する必要がない限り、そのプラットフォームが何なのかは気にしないと思う。Azureを動かすHyper-VでVMwareの顧客が快適な体験を得られたとしても、Microsoftに不満はないはずだ」(Finn氏)

 Finn氏によれば、Microsoftのクラウド分野でのクロスプラットフォーム戦略は、「Acompli」や「Sunrise」など、自社開発や新たな買収で手に入れたアプリとサービスの「iOS」版や「Android」版をより多く公開するためにMicrosoftが行ってきたことと、それほど違わないという。Microsoftのテクノロジが何らかの形で関わっている限り(OSやクラウド、あるいはそこで稼働するアプリやサービス)、新生Microsoftはそれを勝利と考える。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]