富士通、小売業向け情報基盤サービスを展開--消費者の購買行動を可視化、分析

NO BUDGET 2015年03月02日 19時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は2月26日、小売業で関連するサービスを連携させ実行する情報利活用ビジネスプラットフォーム「FUJITSU Retail Solution CHANNEL Value」を発表した。各サービスの価格は個別見積もり。6月から順次提供していく。

 同社は、小売業のイノベーションを加速させることを目的に、グローバルで統一したリテールビジネスコンセプト「Connected Retail.」を策定。CHANNEL Valueはこのコンセプトに基づいている。

 CHANNEL Valueでは、消費者がどのチャネルでどのような購買行動を取ったかといった証跡情報を可視化し分析したうえで、最適なチャネルからの販促などを消費者ごとに実現できるという。各種サービスの業際連携が可能になることで新たな付加価値を提供するなど、小売業のオムニチャネル対応の革新を支援すると説明する。CHANNEL Valueでは、「小売現場革新」「業務・業際間連携」「グローバル展開」を3つの軸としている。

CHANNEL Valueの全体概要
CHANNEL Valueの全体概要(富士通提供)

 CHANNEL Valueで提供される、消費者一人ひとりにあわせた施策を提案するワークショップ型分析サービスでは、あらゆるチャネルから得た消費者情報をつなげる名寄せして、ポイント利用やサイト利用、電子マネーチャージなどの消費行動の証跡情報を収集。消費行動を可視化して分析した上で小売業の顧客とともに消費者ごとの消費行動のストーリーに沿った施策をワークショップ形式で検討、実行する。

 統合的なチャネルサービスでは、ポイントや電子マネーなどを統合的に管理するとともに、ECサイトを構築、消費者の嗜好に合った情報を適切なタイミングで発信できる販促などをできるというチャネルサービス全般を提供する。

 業態や業際のさまざまな消費者向けサービスとつながるゲートウェイサービスも提供すると説明。例えば、施設内のWi-Fiスポットのアクセス履歴と販売時点情報管理(POS)の購買履歴を連携することで消費者の行動情報を可視化し、滞在時間、施設内回遊状況を確認でき、これにより売場レイアウトの変更を検討するなど、新たな付加価値を提案できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算