編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

「AWS Config」、東京リージョンに対応--通知機能など改善も

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-08 10:39

 AmazonのAWSリソースを監視するためのエンタープライズ向けツール「AWS Config」の提供リージョンが、新たに5つ追加された。さらに、いくつかの機能強化も発表された。

 AWS Configは2014年11月のre:Inventでプレビューとして発表されたものだが、新たにアジアパシフィック(東京およびシンガポール)、米国西部(北カリフォルニア)、南米(サンパウロ)、欧州(フランクフルト)の各リージョンで利用できるようになった。これまでAWS Configを利用できたリージョンは米国東部(バージニア北部)、欧州(アイルランド)、アジアパシフィック(シドニー)、米国西部(オレゴン)だった。

 AWS Configは、エンタープライズユーザーがリソースや構成の状態を把握しやすくするためのツールだ。消費されているAWSリソースを追跡できるほか、「AWS CloudTrail」を使用して構成や依存関係を記録し、動的に変化する環境の特定のタイミングにおけるスナップショットを得ることもできる。

 AWS Configが変更通知の送信に使用している「Simple Notification Service」(SNS)にも機能が追加されている。このアップデートで、電子メールによる通知が読みやすくなり、電子メールクライアントによるフィルタリングや処理も行いやすくなった。

 また、AWS Configのソリューション提供パートナーに、「Logstorage」が追加された。これにより、個々の通知フィールドを検索し、その結果によってアラートを設定するなど、通知の検索に関してより細かい制御を行えるようになる。これは例えば、事前に承認されていないAmazon Machine Image(AMI)からのEC2の起動を検知するのにも使えるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]