日本オラクル、Exadataなどの月額利用サービスを展開--資産計上が不要

NO BUDGET

2015-04-15 16:22

 日本オラクルは同社のエンジニアドシステム製品を月額で利用できるサービス「Oracle Infrastructure as a Service(IaaS) Private Cloud」を4月9日から提供している。パワフルかつ堅牢なプライベートクラウド基盤をシンプルな料金体系で迅速かつ柔軟に構築できるという。

 利用できるのは、データベースの「Oracle Exadata Database Machine」、アプリケーションの「Oracle Exalogic Elastic Cloud」、データ分析の「Oracle Exalytics In-Memory Machine」、UNIXベースの垂直統合型システム「Oracle SuperCluster」、ビッグデータの分析基盤となる「Oracle Big Data Appliance」となっている。

 IaaS Private Cloudでは、エンジニアドシステムのハードウェアとサポートを分かりやすい月額制で利用でき、初期投資と資産計上が不要になる。システムの所有権はオラクルに帰属するため、利用料は会計上、費用として計上できる。

 オンプレミス型と同様のセキュリティと管理性に加えて、ワークロードに応じてCPUを柔軟に追加できるキャパシティオンデマンドの機能を提供。エンジニアドシステムの運用とパフォーマンス最適化を支援するサポートサービスである「Oracle Platinum Services」「Oracle PlatinumPlus Services」を追加料金なしで利用できる。

 ユーザー企業のデータセンター、パートナー企業もしくはホスティングサービス事業者のデータセンターのいずれにも設置可能。パートナー企業はIaaS Private Cloudで導入したエンジニアドシステムを活用したサービスを複数のユーザー企業に対して提供できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]