PTC、「デジタルとリアルをつなげる」IoTを事業の中核に--拡張現実も活用 - (page 2)

鈴木恭子

2015-04-17 08:00

IoTで新規顧客にアプローチする

 PTCジャパン代表取締役社長の桑原宏昭氏は、日本市場での戦略を語った。日本はワールドワイドの中でも堅調なライセンス売り上げを維持しており、最も好調なのはPLM製品である「Windchill」であり、「成長率は倍増」(桑原氏)だという。

 成功の要因として桑原氏は、「大規模企業だけでなく中堅企業からも問い合わせが多い。実際、2015年の日本におけるPLMの新規ライセンス売り上げは、CADの新規ライセンスの売り上げを超えると予測している」と分析する。

桑原宏昭氏
PTCジャパン 代表取締役社長 桑原宏昭氏

 営業担当者1人あたりの売上高が年率平均13%増加したことも成功要因の一つだ。これについて同氏は「製品提供のアプローチから課題解決のアプローチへとシフトさせた。営業担当部門がそれぞれの分野について専門性を高め、グローバルでの事例を提示できるようになったことも大きい」と語る。

 日本でのIoT戦略については「(日本では)IoTは始まったばかりだが、PLMが導入されていれば、IoT導入は容易だと考えている。PLMがあれば、製造情報はデータベースに格納される。これらの情報をIoTと連携させることで、新たな価値を提供できる」と説明する。顧客に対するアプローチも、従来のCADを中心としたアプローチのほか、今まで同社の顧客ではなかった製造業や非製造業に向け、「IoTからアプローチし、他のソリューションにも拡大していく」(同氏)としている。

 近い将来、同社のパッケージソフトウェアをクラウドベースで提供することも計画しているという。同氏は社長直下の「自動車ビジネス統括」を作り、特定の自動車メーカーをサポートしていくことも明らかにした。

IoTをトリガーに新規アカウントにアプローチしていく
IoTをトリガーに新規アカウントにアプローチしていく

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]