編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

上昇するクラウド採用率--IaaS稼働率、40%以上が「99.999%」にこだわらない

NO BUDGET

2015-04-29 08:00

 ガートナー ジャパンは4月28日、日本企業のクラウドコンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表した。採用率は16%となり、2012年の10%から着実に上昇したことが明らかになった。IaaSに期待する稼働率について、40%以上が「99.999%」でなくてもよいと考えていることが明らかとなった。

日本企業のIaaSに期待する稼働率
日本企業のIaaSに期待する稼働率(ガートナー提供)

 クラウドコンピューティングの採用率は、2014年には足踏みの感が見られたが、2015年に入って急速に高まっている。種類別にも、すべてのクラウドで採用が進展した。SaaSが28%と最も採用率が高く、続いてプライベートが23%、ホステッドプライベートが18%、PaaSが16%、IaaSが15%、ハイブリッドが12%、デスクトップが10%の順となっている。

 ユーザーとベンダーの双方を含む日本国内企業でITインフラに導入する製品やサービスの選定や企画で決済、関与するITリーダー515人を対象に3月に調査した。対象企業の業種は全般にわたり、従業員数規模は500人以上から1万人以上までの企業が含まれている。

日本でのクラウドコンピューティングの採用状況
日本でのクラウドコンピューティングの採用状況(ガートナー提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]