編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

MS、マイクロサービス構築PaaS「Azure Service Fabric」を発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-21 10:43

 Microsoftは来週米サンフランシスコで開催する自社イベント「Build 2015」で、「Azure Service Fabric」の開発者向けプレビューをリリースする。米国時間4月20日に明らかにした。Azure Service FabricはMicrosoftのプラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)技術で、マイクロサービスを構築できる。

 Microsoftのクラウドプラットフォーム製品マーケティング担当ゼネラルマネージャー、Mike Schutz氏によると、Microsoftはまず、これを自社パブリッククラウド利用顧客向けに提供し、最終的にはプライベートクラウドとホステッドクラウドの顧客にも提供する。まずはスタートアップや独立系ソフトウェアベンダーをターゲットにするという。

 Service Fabricを利用することで、Azureアプリケーションを小さなコンポーネント(マイクロサービス)に細分化できる。マイクロサービスは土台のインフラに関係なくアップデートとメンテナンスが可能で、マイクロサービス間はプログラミングインターフェースを通じてやりとりできる。

 Microsoftは、社内でService Fabric技術を利用して、Azureコアインフラストラクチャや、「Skype for Business(旧Lync)」「Intune」「Event Hubs」「DocumentDB」「Azure SQL Database」「Cortana」を動かしているとした。

 Microsoftの公式ブログによると、顧客は、サブセットやバージョンが異なるものではなく、Microsoftが社内で利用しているのとまったく同じService Fabricフレームワーク技術を利用できるという。

 Microsoftの計画では、BuildカンファレンスでService Fabricの開発者向けプレビュー、それに「Visual Studio 2015」で利用できるソフトウェア開発キット(SDK)を発表およびリリースし、2015年後半に一般提供するという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]