編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「PostgreSQL」がスタートアップ企業に選ばれる理由 - (page 2)

Matt Asay (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-06-01 06:15

 しかし便利さは、PostgreSQLが人気である理由の一部に過ぎない。PostgreSQLのファンは、その豊富な機能を以前から称賛していたものの、PostgreSQLがイノベーションの点で認められるようになったのは、ここ数年のことだ。プログラマーのSvenne Krap氏は2014年のPostgreSQL Conference Europeで、筆者に次のように語っている。

 PostgreSQLは技術面で大きく前進した。認知度が高くなった一方で、技術的なイノベーションという点でもさらに優れたものになった。データベースの大半が1980年代のままで止まっているのに、PostgreSQLはウィンドウ関数のような新しいものを提供し続けている。ほかの多くのデータベースは前進がもっと遅い。

 PostgreSQLが良くなった別の点として、JSONサポートを提供するようになったことで、(いくつかのワークロードでは)PostgreSQLやほかのRDBMSを離れて、別のNoSQLデータベースを使う必要がなくなったということが挙げられる。開発者の友人と先日話したところ、彼は筆者に、PostgreSQLのJSONサポートは「宣伝通りに機能した」と語った。つまり彼は、PostgreSQLを以前よりも多くの種類のアプリケーションに使えるということだ。

 また、MySQLを買収していたSunをOracleが買収したことで、MySQLの開発者がより自由な世界へと去っていったことも、PostgreSQLにはプラスになった。Oracleは、MySQL技術の改善をうまく進めてきたものの、開発者を仲間に留めておくことはそれほどうまくできなかった。

 対照的に、PostgreSQLは背後に支配的なベンダーがいない。むしろ、開発者のLaurenz Albe氏が筆者に語ったように、「PostgreSQLは1つの会社によって所有されていない。PostgreSQLは、手に入れられる中で最も自由なオープンソースプロジェクトに近い」のだ。

Postgres SQLの未来は明るい

 では、あなたの会社はPostgreSQLを採用すべきだろうか。それは答えるのが難しい。既に使っている可能性がかなり高いからだ。

 しかし、まだだとしたら、PostgreSQLは、高価なOracleやIBMの「DB2」といった過剰ともいえる製品の代わりを見事に果たすものであり、ほぼ同じ機能や拡張性を無料で提供している。もちろん、それが実際に無料である可能性は低い。おそらくEnterpriseDBのような企業によるサポートサービスが必要になるだろうし、開発者や運用担当者を対象に、その管理方法のトレーニングをする費用もかかるからだ。

 しかし、もっとスタートアップのような運用をして、彼らの柔軟性とイノベーションを実現したければ、PostgreSQLは検討の価値があるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]