ピュア・ストレージ新製品--冷蔵庫数台のサイズを電子レンジ1台に

三浦優子

2015-06-12 13:18

 ピュア・ストレージ・ジャパンは6月9日、オールフラッシュストレージアレイの新製品「FlashArray//m」を発表した。新ビジネスモデル「Evergreen Storage」を採用し、エンドユーザーのストレージ調達、アップグレードのやり方を変える。

 管理とサポートについても、クラウドベースのプラットフォーム「Pure1」を提供。日本法人の代表取締役である山田秀樹氏は、「オールフラッシュストレージとしての技術革新とともに、ビジネスモデルを変革し、ストレージにおけるマイルストーンを越える提案を本日発表する」と説明した。


ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 代表取締役 山田秀樹氏

 今回の発表にあたっては、米本社のPresident(編集部注:掲載当初、CEOと表記しておりました。お詫びして訂正します。)であるDavid Hatfield氏をはじめとしたメンバーが世界50カ国を回り、新製品を説明している。

 Hatfield氏は今回の発表を、「ビジネスモデル変革により、ユーザー企業は投資コストをイノベーションの実現に振り向けられる。ストレージ業界全体にとってプラスになるもの」と話した。

 今回の新製品「FlashArray//m」は製品開発を大幅に見直し、ソフトウェアだけでなくハードウェア部分から開発した。従来は調達したホワイトボックスのサーバにソフトウェアをインストールするだけだったが、ハードウェア開発にまで踏み込むことで、「ソフトウェアにハードウェアを最適化し、劇的なパフォーマンス向上に成功した」(Pure Storage創業者兼チーフアーキテクトJohn Hayes氏)という。

 アップグレード可能なモジュラ型アーキテクチャを採用し、旧世代製品と比較してパフォーマンスは50%、密度は2.6倍、1Tバイト当たりの電力効率は2.4倍向上させた。ハードウェアにはIntelのHaswellコントローラ、新しいNV-RAMキャッシュモジュールを搭載し、3つのラックユニットシャーシ内の新しいデュアルドライブフラッシュモジュールを統合している。高密度化により、従来のディスク型ストレージのラックを統合し、5~10倍の電力、スペース、効率性の向上を実現する。

新製品「FlashArray//m」
新製品「FlashArray//m」

 製品の特徴として、次の4点を挙げる。

 (1)ディスク型ストレージのラックを3Uに統合する技術で、かつて冷蔵庫数台分のサイズであったストレージアレイを電子レンジ1台の大きさに小型化。消費電力使用量を住宅10戸分からオーブントースター1台分に相当する1kWに抑えた。

 (2)新しいモジュラ型により、柔軟なアップグレードを実現。カスタマイズでき、移行可能なハードウェア設計により、データの移行、ダウンタイム、パフォーマンスへの影響を気にすることなく、既存のFlashArray製品に導入できる。

 (3)パフォーマンスを強化し、1ミリ秒未満の平均レイテンシで、最大毎秒9Gバイトの帯域で、最大30万 32K IOPSを実現した。

 (4)大幅な簡素化を実現し、6本のケーブルで接続が可能に。すべてのソフトウェアは基本料金に含まれているため、高可用性やスナップショット、レプリケーション、暗号化、管理ソフトウェアに追加料金も不要になった。

 今回、最大120Tバイトの有効容量、15万 32K IOPSの「//m20コントローラ」、最大250TBの有効容量、22万 32K IOPSの「//m50コントローラ」、最大400TBの有効容量、30万 32K IOPSの「//m70コントローラ」の3つが提供される。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]