編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
海外コメンタリー

ハイテク分野で躍進するリトアニア--グーグルやNASDAQが投資する理由 - (page 4)

Andrada Fiscutean (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-06-27 06:30

 Wixは2年前にオフィスを開設した際、政府の支援を受けている。「リトアニアのテクノロジ業界エコシステムを成長させようという強力な取り組みには感心している」とZohar氏は言う。

 同社はIT関連企業が今後も政府の支援を受けられることを念頭に、リトアニアのチームをさらに拡大する計画だという。国外企業を引きつけるには、労働力人口を増やすための投資とともに、さらに国際的な企業に受け入れられやすい国にするための取り組みが必要だ。

 「チャンスは途方もなく大きく、リトアニアは今後も成長を続けるだろう。この国は近い将来、世界的なテクノロジ業界のハブとして知られるようになるはずだ」(Zohar氏)

熱意あるスタートアップ企業

 リトアニアの人々は、スタートアップ企業を発展させようと努力しており、このトレンドは同国がテクノロジに強いという評判を一層高めるかもしれない。リトアニアのビジネス環境は、2014年に4600万ユーロの投資を呼び込んだが、これは前年比で35%の増加だ。TrackDuckのCEOであるEdmundas Balcikonis氏は、「このコミュニティには、テクノロジに強い人材、資金、あらゆる関係者からの支援が豊富にある」と話す。

 スタートアップ企業の多くはヴィリニュスに集まっているが、カウナスやその他いくつかの都市も、起業家に対する魅力を高めつつある。Balcikonis氏は、アクセラレータ―や、「LOGIN」や「Silicon Valley Comes to the Baltics」などのイベントが、自らビジネスを立ち上げようとする人たちの助けになっていると述べている。

 成功事例も出てきた。古着のためのプラットフォームを運営するVintedは、2014年に2000万ユーロを獲得したし、YPlanの「tonight's going out app」も2014年に複数の投資機関から合計2100万ユーロの資金を調達した。

 Balcikonis氏によれば、リトアニアの成功しているスタートアップ企業の約4分の3は、資金調達を容易にするため、ロンドンかサンフランシスコに本社を構えることになるという。「しかし、それらの企業の99%は、開発と運用の大半をリトアニアに残す」(Balcikonis氏)

 Enterprise Lithuaniaが実施した調査によれば、スタートアップ企業を取り巻く環境は、もはや学生や新卒学生の遊び場ではなくなっている。2014年の創業者の平均年齢は31歳であり、学士、修士、または博士の学位を持つ起業家の数は2倍になった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]