編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

エーザイ、システムの保守運用を外部委託--フィリピンから日米に提供

NO BUDGET

2015-06-25 16:39

 アクセンチュアは6月24日、エーザイとITアウトソーシング契約を締結したと発表した。日米を中心とした複数年契約で、米国向けには2015年4月~2022年3月の7年間、国内向けには2015年4月~2024年3月の9年間。

 今回の契約は、エーザイの米国拠点でのアプリケーションとIT基盤全般(一部R&D領域のアプリケーションとIT基盤を除く)、国内拠点での会計や生産管理などの統合基幹業務システム(ERP)と、その周辺システム運用、サーバやネットワークなどのIT基盤の監視、運用業務の一部を対象としている。

 エーザイでは、今回の契約で新薬開発、医療行為、審査・法規制など世界レベルでの標準化の流れが著しい医薬品業界で、より一層の競争優位を確立すべく、ITコストのさらなる削減とグローバルなIT提供に向けた体制整備を図る。その結果、グローバル全体でより効率的で効果的なITガバナンス体制を構築できるとしている。

 アクセンチュアでは、今回の契約で提供されるサービスを世界の50カ所以上の拠点を有するグローバルデリバリネットワークのうち、マニラにあるフィリピンデリバリセンターを主要拠点とし、一部の米国アプリケーションサービスについてはプネのインドデリバリセンターから提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]