編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

NoSQL「Redis」プロバイダーのRedis Labs、1500万ドルの資金を調達

Toby Wolpe (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-26 10:57

 オープンソースのNoSQLデータベース「Redis」を利用したクラウドサービスを提供するRedis Labsは米国時間6月25日、シリーズB投資ラウンドで1500万ドルの資金を調達したと発表した。同社によると、今回の資金注入により、セールスおよびマーケティングを拡充するとともに、ソフトウェアエンジニアリング活動を強化することになるという。

提供:Redis Labs
CEOのOfer Bengal氏
提供:Redis Labs

 今回の資金調達ラウンドを主導したのはBain Capital VenturesとCarmel Venturesであり、Silicon Valley Bankも参加した。今回の調達ラウンドにより、カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置く同社は総額で2800万ドルの資金を手にしたことになる。

 オープンソースで、キーバリュー型のキャッシュやストアとして機能するRedisは、データベースエンジンの普及ランキングにおいてここ1年で着実に順位を上げ、5月時点で10位にまで躍進しており、「MongoDB」や「Cassandra」とともにトップ10圏内における数少ない非リレーショナルデータベース製品の1つとなっている。また、キーバリューストア(KVS)型のデータベースモデルとしてはトップの座に君臨している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]