海外コメンタリー

ハッカーの追跡はなぜ難しいのか--高度化する情報戦の実情を知る

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年07月01日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティインシデントの対処で、もっとも難しいことの1つは、そのサイバー攻撃の背後にいる人物を暴き出すことだ。これは近年、ますます困難の度合いを増している。

 ハッカーに法の裁きを受けさせることは難しいにせよ(特にそのハッカーがほかの国にいる、あるいはほかの国の政府のために働いている場合には)、その攻撃が誰に手によるものかを理解できれば、防御にも役立つことが多い。

 セキュリティ企業MandiantのMike Oppenheim氏によれば、それこそが、攻撃を受けている組織が犯人を特定することが重要である理由だという。たとえ特定した犯人を逮捕できない場合でもだ。

 「誰に狙われているのかを知ることは大切だ。それによってビジネス上の判断も、防御も簡単になる」と同氏は言う。

 攻撃者を追跡する者にとっては幸いなことに、どんなに用心深いハッカーであっても、身元の特定につながる何らかの痕跡を残すものだ。

 その点では、ハッキング攻撃もほかの犯罪と似たところがある。捜査する側は侵入経路、被害者、犯罪者の痕跡を調べ、誰がそのインシデントからもっとも恩恵を受けるかを暴き出そうとする。

 追跡者は犯人が標的としているのは誰か、どんな道具を使っているか、どんな言語を使っているかなどの情報の断片を集めて、粘り強く犯人を特定しようとする。

 最初に調べるのは被害者だ。一部の攻撃は、無実のウェブサイトをマルウェアに感染させることで実行される。このサイトを閲覧すると、訪問者のPCが感染する。攻撃者の本当の標的はこの訪問者たちだ。フィッシングメールを送り、受信者をだまして攻撃用のリンクをクリックさせることから始まる攻撃もある。感染させられたウェブサイト(たとえば医学論文誌のサイト)の種類から、ハッカーが攻撃したかった相手を推測することができる場合もある。例えば、標的は製薬会社のマネージャーかもしれない。同様に、フィッシングメールの内容からも、攻撃者の標的に関する手がかりが得られることがある。

 次は使われた武器だ。研究者は使用されたマルウェアから多くの情報を引き出すことができ、そのマルウェアがほかの攻撃や特定のグループと結びつくかどうかを判断できる。セキュリティ企業Symantecの脅威インテリジェンスアナリストAlan Neville氏は、「攻撃者が専用のツールを開発しており、そのツールがモジュール型で洗練されたものであれば、背後にいるのはプロフェッショナルなグループかもしれず、国に支援されている可能性もある」と述べている。

 コードそのものにも、手がかりが残っていることがある。作者がコードの中にコメントを残しており、そこから作者が話す言語が分かる場合もある。セキュリティ企業はコードがいつコンパイルされたかを知るため、タイムスタンプについても調べる。場合によっては、この情報から作者がどの時間帯に作業をしているかが分かる。使われている言語と作業時間から、作者の本拠地が世界のどこにあるかを把握することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]