編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アクロニス、ファイル共有サービスを提供--バックアップ基盤に新機能

NO BUDGET

2015-07-13 18:55

 アクロニスは7月9日、クラウドバックアップ基盤「Acronis Backup as a Service」を「Acronis Backup Cloud」への名称変更と新機能追加、サービスプロバイダー向けに対し安全にファイルを同期、共有できる「Acronis Files Cloud」の提供開始を発表した。

 今回の2製品は、アクロニスのクラウドデータ保護基盤を強化するものと位置付けられる。この基盤でサービスプロバイダーはクラウドバックアップ、ファイル同期共有、ディザスタリカバリの3つのデータ保護サービスを自社のサービスとして提供できるようになるという。

 サービスプロバイダー向けのクラウドバックアップ基盤として提供していたBackup as a Serviceを、管理コンソールのユーザーインターフェース(UI)刷新と機能追加でBackup Cloudに名称を変更して提供する。今回、サービスプロバイダー向けに30日間のトライアルも提供する。

 Backup Cloudは、同社製ソフトウェアのイメージバックアップ、ベアメタル復元をベースにしたクラウドバックアップが可能であり、クラウド上でのグループやユーザー、バックアップや復元の管理コンソールが提供される。マルチティアやマルチテナントでユーザーを管理し、セルフサービスにも対応したバックアップと復元を統合管理する。課金やレポートの機能も提供する。

 今回新たに、管理コンソールのUIが刷新されるとともに、ローカルでバックアップ、復元できるようになっている。Microsoft SQLやMicrosoft Exchange、Windowsシステム状態、Mac OS Xのバックアップや復元にも対応、ローカルにあるバックアップデータをクラウドにコピーするステージング機能も追加された。

 Files Cloudはアクロニスのモビリティソリューション「Acronis Access Advanced」のファイル同期共有機能をサービスプロバイダーが自社のサービスとして提供できる基盤になる。iOSやAndroidのモバイルデバイス、Windowsタブレットに対応したモバイルアプリを使える。Windows PCやMac、主要ブラウザにも対応する。米政府関連機関に適用される“連邦情報処理標準(Federal Information Processing Standard:FIPS)”に認定の暗号化機能を搭載している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]