編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

いつアップグレードすべき?--「Windows 10」への移行前に確認しておきたいこと

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-28 06:15

 リリース日には大騒ぎになるものの、「Windows」の最新バーションにアップグレードするとなると、消費者や企業は一般的にゆっくり進めようとする傾向がある。

 しかし、ある単純な理由から、今回ばかりは状況が異なるという兆しが見えている。その理由とは、少なくとも、「Windows 7」「Windows 8.1」「Windows Phone 8.1」搭載デバイスを使っている圧倒的多数のホームユーザーにとって、「Windows 10」は無料でダウンロードできるということだ。多くのユーザーにとって、Windows 10を手に入れるには、マウスを数回クリックするだけでいいということになる。

 もっとも、Windows 10に移行するかどうか決める前に消費者が先にしておかなければならないのは、本当にアップグレードできるかどうかを確認することだ。

 「Windows 7 Service Pack 1」か「Windows 8.1 Update」を搭載している(かつ「Windows Update」を有効にしている)デバイスであれば、スクリーン右下のシステムトレイ内に「Get Windows 10」アプリがWindowsアイコンとして自動的に表示されるはずだ。表示されていなければ、それはPCが最新の状態ではないか、Windows Updateが有効になっていない可能性があるからだ。あるいは、海賊版のWindowsを使っているからかもしれない。

 Windows 10を稼動できないとMicrosoftが判断したPCでは、7月29日よりも前にGet Windows 10アプリが表示されることはない。しかし、リリース後には表示されるようになるので、それを使って自分のPCの適合性を確認できる。

 アップグレードのプロセスをいち早くスタートしたいのなら、ダウンロードを「予約」するべきだ。予約というのは単に、最終的なインストールを素早くできるように、7月末のアップグレードに必要なファイルが事前にPCにダウンロードされるという意味である。ダウンロードをキャンセルしたければ、リリース日の前にキャンセルすることもできる。

 自分のPCがWindows 10にアップグレード可能であることが確認できたら、次のハードルは、Microsoftが実際にアップグレードさせてくれるのはいつなのかを知ることだ。Windows 10が7月29日にリリースされるからといって、あなたが30日にそれを使えているとは限らない。Windows 10へのアップグレードが可能になる時期は、ユーザーの属性によって異なる。

 7月29日水曜日の時点で、Microsoftは、500万人の「Windows Insiders」プログラム参加者にWindows 10の提供を開始する予定だ。この熱心な人々は、リリース前に同OSのさまざまなビルドをテストしてきた。

 その後、Microsoftは予約済みのユーザーに向けてWindows 10を提供する。これは7月29日以降、次第に規模を大きくしながら、順に行われる。

 そのため、ユーザーは必ずしもWindows 10を直ちにダウンロードできると期待するべきではない。これについてMicrosoftは、「Windows 10が利用可能になり次第、何らかの通知が行われる予定だ。そのほかの通知が届くまでには、その後数週間から数カ月かかるかもしれない」と忠告している。Microsoftは、Windows 10へのアップグレードが10億件になると予測しており、そのために時間差をつけたアプローチを取っている。米ZDNetのMary Jo Foley記者によれば、ドライバやアプリケーションの互換性の点で問題が最も少ないデバイスは、アップグレードを先に受けられる可能性が高いという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]