編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、「Lightning Experience」を発表--UI強化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-26 10:39

 Salesforce.comは米国時間8月25日、「Lightning Experience」を発表した。再設計されたUIで、全く新しい方法でSalesforce.comのCRMプラットフォームを利用できるという。

 Lightning Experienceが最初に導入されるのは、Salesforceの中核となるWebベースのCRMアプリケーション「Salesforce Sales Cloud」となる。Salesforce.comによると、10年以上ぶりにSales Cloudを最初から設計し直し、25以上の新機能を導入したほか、既存の機能についても合理化したという。

 Lightningブランドは、Salesforce.comが2014年秋に発表した「Salesforce1 Lightning Framework」でスタートしたエコシステムの一部となる。Salesforce1 Lightning Frameworkは、開発者がカスタマイズされたモバイルアプリを構築できるツールキットとなる。

 Lightning Experienceは実質的に2世代目のLightningといえる。開発者向けの機能に新しいLightning Experienceと「Lightning Design System」を加えることで、残るSalesforceエコシステムにもプラットフォームの拡張を図る。

 Lightning Experienceは、レスポンシブデザインとモダン化、コンシューマーレベルの高度な体験をSalesforceのユーザーにもたらすものだ。デスクトップ、タブレット、モバイルといったあらゆるデバイスでアクセスできる。

 Lightning Design Systemは、「Lightning App Builder」とともに、スタイルガイドライン、デザインパターン、コンポーネントライブラリなどを導入することで開発者がエンタープライズアプリケーションを開発するのを支援する。

 Salesforceは同日、初の業界向け製品となる「Salesforce Financial Services Cloud」も発表している。

 Lightning Experience for Sales Cloudは25日よりプレビューの提供を開始しており、2015年10月に一般提供される予定だ。デスクトップ版のLightning App BuilderとComponents for Lightning Experienceは、2015年10月にパイロット提供され、2016年第1四半期に一般公開される。Financial Services Cloudの一般提供は2016年2月となる予定だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]