編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

インテル、コネクテッドカーのサイバーセキュリティへの取り組みを発表

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-15 12:48

 Intelは米国時間9月13日、「Automotive Security Review Board(ASRB)」を発表した。物理システムのセキュリティを中心に「最高レベルのセキュリティの才能」を世界中から集めたもので、自動車とその運転者のサイバーセキュリティ上のリスク緩和を目指す。

 自動車は単なる物理デバイスから、カメラ、センサー、インターネット接続のインフォテインメントダッシュボード、コンピュータ化されたメンテナンスと制御システムなどを備えるモダンな乗り物に進化している。これらのスマート機能は運転体験を改善し、自動車の状態を維持してくれるのに役立つ一方で、車がネットワークにつながった瞬間に攻撃の対象となる可能性が生じる。

 攻撃から自動車を守ることを目的に、Intelはサイバーセキュリティ分野の専門家を結集してコネクテッドカーにフォーカスしたアドバイスや推奨を行っていく。

 IntelはASRBのメンバーに研究用として自社の高度な開発プラットフォームを提供する。ASRBはセキュリティテストと監査を通じてベストプラクティスの推奨と設計上の提案をまとめる。自動車業メーカーはこれによりメリットを受けることができ、最新の自動車における運転手と乗客の安全性を維持できるという。

 ASRBのローンチに合わせて、Intelは自動車向けのサイバーセキュリティベストプラクティスの初回バージョンも公開した。同ベストプラクティスは今後、ASRBの研究の進展に合わせてアップデートする計画だ。

 「自動車の安全性とは異なり、サイバーセキュリティはプロダクションと同レベルのアフターセールス活動が重要となる。自動車が路上にあるとき、車用ソフトウェアは脆弱性、意図的または偶発的な所有者の行為、悪意ある攻撃などが生むリスクにさらされている。車のライフサイクルを通じての脅威解析とリスク評価が必要で、古い脆弱性にパッチを当てつつ、明らかになる新しい脆弱性に対応していく必要がある。つまり、攻撃のリスクは時間の経過とともに増すことになる」とレポートでは重要性を説いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]