編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NEC、SAPのクラウド型ERP「Business ByDesign」のグローバル導入を支援

NO BUDGET

2015-09-16 07:00

 NECは9月15日、SAPパートナー企業によるグローバルなアライアンスネットワーク「United VARs」(VARs:Value Added Resellers)に加盟したと発表した。今後、United VARs加盟パートナー企業と連携し、SAPのクラウド型ERPサービス「SAP Business ByDesign」のユーザー企業がグローバル拠点に導入する際にワンストップで支援していく。

 NECは今回のUnited VARsへの加盟を機に、グローバルでSAP Business ByDesignの積極的な拡販を図ることで、同サービスについて今後3年間で300拠点への販売を目指すとしている。

 United VARsには世界各国の代表的なSAPパートナー企業が加盟しており、これまで計73カ国以上、5500社以上の顧客にSAP関連ソリューションを提供している。United VARs加盟パートナー企業は、自社の顧客がSAP製品を活用したシステムをグローバルに導入する際、各地域のUnited VARs加盟パートナー企業と連携してプロジェクトを推進することで、各地域の法制度や商習慣を熟知したSAPコンサルタントによる適切かつ効率的なサービスを提供することが可能という。

 NECは今回、日本を含むアジア地域におけるSAP Business ByDesignの戦略ビジネスパートナーとしてUnited VARsに加盟。これにより、日本を含むアジア企業が欧州・米州などの拠点に本サービスを導入する際に、各地域のUnited VARs加盟パートナー企業と連携したワンストップでのサービス提供を行う。

 なお、NECでは2014年に、SAPとの間にSAP Business ByDesignビジネスでグローバルな協業契約を締結したことを発表している。本契約に基づき、他社に先駆けて本サービス未出荷のシンガポールやマレーシアなど東南アジア地域を対象に、各国の法制度や商習慣に対応した追加機能を開発し、「NEC Global Localization Package for SAP Business ByDesign」の名称で提供している。

 NECは、リテール、物流、製造などのエンタープライズ領域において、グローバルで提供するソリューションおよびサービス「NEC Global Enterprise Solutions」の拡充を進めており、NEC Global Localization Package for SAP Business ByDesignもその一つに位置付けている。同社では、今後も顧客の事業成長に貢献するソリューション・サービスを提供していくとしている。

 SAPジャパン代表取締役社長の福田譲氏は、以下のようにコメントしている。

 「SAP Business ByDesignによる顧客のビジネス支援を欧米にも拡大し、グローバルなイノベーションの創出に貢献されることを期待しています」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]