編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、Adxstudioの製品や技術を取得--「Dynamics CRM」製品ファミリを拡充へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-29 11:12

 「Dynamics CRM」製品ファミリの拡充を狙った買収をここのところ重ねているMicrosoftは、米国時間9月28日にもこの戦略に沿った買収を実施した。

 Microsoftは、ウェブCRMポータルとアプリケーションライフサイクル管理のソリューションを手掛けるAdxstudioの製品や技術を取得したことを明らかにした。

 Adxstudioはカナダ・カナダサスカチュワン州のレジャイナに本社を構え、長らくCRMやアプリケーション開発でMicrosoftと提携してきた実績をもつ。MicrosoftもAdxstudioも買収の金銭的な条件を明かしていない。

 Adxstudioのウェブポータル製品は、Dynamics CRMをアプリケーションプラットフォームに変えるためのもので、クラウドで提供されている。

 Microsoftはこの他にも、提携先のSensei Project Solutions, Inc.やProjectum ApSから「Project Online」向けのアプリやアドインを取得したことも発表している。いずれも金銭的な条件は明かされていない。

 取得したアプリのうち、「iPhone」「Android」「Windows Phone」向けの「Sensei Task Master」はタイムシート入力やタスクステータスの更新に利用するもので、「Seinsei Project Dashboard」はプロジェクト管理用の「iPad」アプリだ。「Seinsei Portfolio Dashboard」は「iPad」やProject Onlineに対応し、プロジェクトポートフォリオ管理 (PPM)のレポートを提供する。

 Projectumの「Project Financials」アプリは、フェーズごとのコストデータを扱ったり、プロジェクト費用や利益、予定を管理したりするのに利用する。またアドインの「Project Snapshot」は予算やコスト、KPIなど、プロジェクトのさまざまな段階での情報のスナップショットを作成するのに役立つ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]