編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デルがデータセンター事業を立ち上げ--狙いはハイパースケールの少し下

末岡洋子

2015-11-13 07:00

 企業の心臓部といっていいデータセンター。その構築に新たな変化が見られる。Google、Facebookなど技術に精通しており明確なビジョンがあり、標準化された技術ではなく、固有のニーズをもちハイボリュームという”ハイパースケール”の潮流だ。

 Dellは8月、この潮流を活用したい企業向けに新しい事業部門「データセンタースケーラブルソリューション(DSS)」をエンタープライズソリューションズ内に立ち上げた。数年来の成功例を土台にしたもので、ハイパースケールの下を狙う。同時に、エンタープライズ分野の強化とサーバ世界シェアトップに向けた弾みにするという狙いもあるようだ。

 グローバルローンチに合わせて来日したDellエンタープライズソリューションズ事業部ワールドワイド・セールス及び戦略担当プレジデントのBrian Humphries氏に話を聞いた。

Dellエンタープライズソリューション事業部でワールドワイド・セールス及び戦略担当プレジデントのBrian Humphries氏(右)とアジア太平洋・日本地区でエンタープライズソリューション事業部の</br>バイスプレジデントを務めるPeter Marrs氏(左)
Dellエンタープライズソリューション事業部でワールドワイド・セールス及び戦略担当プレジデントのBrian Humphries氏(右)とアジア太平洋・日本地区でエンタープライズソリューション事業部の
バイスプレジデントを務めるPeter Marrs氏(左)

――データセンタースケーラブルソリューション(DSS)を立ち上げた。この背景は?

 業界のトレンドの1つとして、ハイパースケール企業の誕生がある。Microsoft、Amazon、Googleなどが代表例で、標準化されたものではなくカスタムのIT要件があり、かつ規模が大きいところだ。百人、場合によっては千人単位のITスタッフを抱え、自分たちが必要としているものを熟知しており、独自の要件を満たすものを求めている。

 われわれはこのような企業のニーズを早期から感知しており、8年前に事業部内にDellデータセンターソリューション(DCS)を立ち上げた。DCSは成功し、今回ここで培った経験を活用する部門としてDSSを正式に発足させた。ターゲットは、ハイパースケール企業より少し規模が小さい企業だ。

 これらの企業は独自のニーズがあり、目指すものが明確で、GoogleやAmazonを模倣したいが、リソースがないという課題を抱えている。完全にカスタムではなく、セミカスタムとなる。

 市場のニーズを探るために社内で1年前に”ステルスモード”としてローンチしたところ、100社以上の顧客を獲得した。結果として、Dell社内でこれまでで最も急成長した事業となった。そこでさらに投資を行い、今回正式に部門として発表した。ハイパースケール向けのDCSも並行して継続する。

――どのような業種でセミカスタムのニーズが高いのか?将来的にメインストリームになる可能性は?

 潜在ニーズがあるのは、石油ガス、ウェブ技術、研究リサーチ、通信サービス事業者、ホスティング事業者などで、ハイパースケール企業も一部含まれる。

 コンシューマー級のハードドライブのあるサーバ、特別なOSを利用したいなど顧客のニーズはさまざまだ。多くはAmazonやGoogleが何をやっているのかをよく調べている次世代のITをもつ企業だ。

 例えばインド最大のECサイトであるFlipkartは、DSSとハイパーコンバージドインフラの事例だ。インドはECで中国に次ぐ世界2番目の成長率を誇り、将来の成長に対応できるアーキテクチャを必要としていた。シャーシからサーバまでインフラ管理に加え、特別な電源管理、特別なグラフィックカードを利用したいというニーズがあり、これを満たすPowerEdgeサーバ3万台を4週間で実装した。

 この手法がメインストリームになるかというと、そうではないだろう。だが確実に増えている。われわれはこの市場を60億ドル規模と見ている。成長率は年10%を上回る。

――市場戦略は?

 エンジニア、セールス、サプライチェーンなどの観点からその分野に精通した専門家を集めたチームを作り、顧客のニーズに応じる。規模のスケールに合わせてチームを増やす。

 製品としては、PowerEdgeサーバや既存のDCSポートフォリオを活用する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]