編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

富士通、クラウド強化へフランス企業を買収--欧州の開発拠点に

ZDNet Japan Staff

2015-11-17 12:16

 富士通は、クラウド環境でのアプリケーション構築を自動化するソフトウェアを提供するフランスのUShareSoftの全株式を取得することで合意したと発表した。契約の締結は10月30日だった。

 UShareSoftは2008年に創業し、欧州、日本、アジア、米国でマルチクラウド環境におけるシステム構築支援ソフトウェアなどを提供している。本社はグルノーブル。これにより、UShareSoftのソフトウェアである「UForge」を「FUJITSU Cloud Service K5」のサービスに組み込む。また、UShareSoftを欧州におけるクラウドサービスの研究開発拠点として位置付け、クラウド事業の強化とグローバル展開の加速化に取り組むとしている。

 富士通の執行役員を務める佐川千世己氏によると、UShareSoft買収により、クラウドサービスのサービスをさらに強化し、デジタルビジネス基盤である「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」に追加する。

 さらに、欧州におけるソフトウェア、クラウド関連の事業会社であるFUJITSU Enabling Software Technology(ドイツ、ミュンヘン)やFujitsu RunMyProcess(フランス、パリ)との連携により、「グローバルなクラウド市場における当社の地位をさらに向上させる」とのこと。

 UShareSoftの最高経営責任者、Alban Richard氏は「富士通グループに加わることを嬉しく思っている。UForgeはシステム環境のハイブリッド化に伴い急速に需要が高まってきている」とのコメントを公表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]