編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
米ZDNet編集長Larryの独り言

年末のプレゼント選びを支援する「IBM Watson Trend」アプリ--アナリティクスを大衆化するか

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-25 10:21

 IBMはコグニティブコンピューティングに注目を集めようと、長い間取り組んできている。「Watson」の機能を医療分野に応用し、エンタープライズ市場でAppleと協力し、その能力を売り込んできた。なかでも注目すべきは、AppleのiOSでリリースされたアプリ「Watson Trend」だ。

 年末商戦はまだ始まったばかりだが、Watson Trendは2015年の話題の1つになりそうだ。先週リリースされたWatson Trendの使命は、ソーシャルデータ、小売データ、およびその他のデータをマイニングして、ブームになっているプレゼントを選び出すことだ。例えば、最近は次のようなことが起こっている。

  • 米国の市場関係者は、Watson Trendの情報を注視して、年末商戦での「Apple Watch」の需要を測ろうとしている。
  • ジャーナリストは、このアプリでテクノロジ分野のベストセラーを調べている。
  • ほかのユーザーは、購入するいいおもちゃやプレゼントを見つけようとしている。

 IBMの説明によれば、Watson Trendは「ソーシャルネットワーク、ブログ、掲示板、コメント、レーティング、レビューで交わされた何百万もの会話」を分析しており、文脈、内容、感想なども考慮に入れているという。便利なトレンドグラフが、プレゼントの評価をリアルタイムで伝えてくれる。

 しかし、本当にWatson Trendが示しているのは、IBMが持つの小売、マーケティング、そしてアナリティクスとベンチマーキングの能力だ。

 このアプリにはいくつか弱点もある。健康分野は弱く、Nikeのシューズしか表示されない。ただし、おもちゃとテクノロジ商品の分野は、一見に値する。Watson Trendの価値は、これからクリスマスにかけて証明されるだろう。

 現時点では、Watson TrendはIBMの優れたマーケティング活動を示していると捉えるべきだ。このiOSアプリは、アナリストにIBMの将来性についての考え方を少し改めさせ、Watsonを消費者のお供にする。Watson Trendが消費者の目をヒット商品に向けさせることができれば、一般ユーザーからさらに少し評価を得られるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]