編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

マンハッタン、オムニチャネル構築する新製品を国内発売

NO BUDGET

2016-01-15 11:34

 マンハッタン・アソシエイツは1月14日、モバイルPOSとクライエンテリング機能を標準搭載し、オムニチャネルを構築する統合製品を日本国内で販売開始した。

 在庫管理や販売システムなど、これまで個別に利用してきた複数のアプリケーションを単一のモバイル販売基盤として統合できる。モバイルアプリの管理や統合ポイントの管理、不統一なユーザーインターフェースなど、流通小売業が抱えるさまざまな問題も解決可能であるとしている。

 クライエンテリングとは、店舗での商品購入にあたって役に立つと思われる情報を、顧客の過去の購買履歴や個々の趣味嗜好に応じて選別し、店舗のモバイル端末からすぐに呼び出すことが可能な機能を指す。米国では、モバイルPOSも一体化して決済までその場で全て完了させることができるシステムとして、急速に普及が進んでいる。

 今回、日本での販売が開始された統合製品では、流通小売業の現場においてデジタルチャネルと物理チャネルを統合し、顧客の嗜好ごとにパーソナライズした情報とサービスを提供できるようになる。

 店舗では、クロスチャネルの購入履歴、ウィッシュリスト、オンラインショッピングカートや返品の履歴などが自動的に更新されるほか、店舗の延長としてのデジタル商品カタログにも即座にアクセスできる。これにより、販売ネットワーク全体での在庫管理を効率化し、アップセルやクロスセルの売り上げ改善が見込める。また、クレジットカード、現金や小切手、決済サービス「Apple Pay」やNFC(近距離無線通信)技術を用いたモバイル決済など、さまざまな支払方法にも対応する。

 POS機能では、複雑な返品状況にも対応できるようルール設定機能を搭載。オムニチャネルを導入した流通小売企業では返品に対する対応も大きな課題になっているが、注文が行われたチャネルや、顧客が選択した払い戻し方法に関係なく、返品の受け入れが可能になるという。

 さらに、同社の企業オーダー管理システムと統合されているため、ネットワークを介して顧客管理、在庫管理、受注処理と連携しながら、柔軟に受注編成ができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]