編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

セールスフォース、「Lightning」をベースとした製品戦略やリリース計画など発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-03 11:17

 サンフランシスコ発--Salesforce.comの最高経営責任者(CEO)Marc Benioff氏は米国時間2月2日、今後1年間の計画を発表した。

 会計年度2017年の開始を飾るのは、メタデータプラットフォームの「Lightning」だ。Lightningは常時接続のアプリとInternet of Things(IoT)向けの開発技術(および主要な戦略)となる。SalesforceはIoTではなく、Internet of Customersという言葉を好んで使っている。開発者にフォーカスしたユーザー体験の要素は、Salesforceの代表的な製品「Sales Cloud」「Service Cloud」などにも組み込まれている。

 Salesforceはこの日、「Sales Cloud Lightning」と3つの新しいアプリを発表した。Sales Cloud LightningはSales Cloudの最新版で、開発者向けのアプリビルダーとコンポーネントフレームワークを利用して顧客のニーズと好みに合わせて設定できる。

 1つ目のアプリ「Sales Wave App」は、データに基づいたインサイトをあらゆるデバイスで提供するもの。パイプラインのトレンドなどを提示する新しいダッシュボードで分析が可能になる。2つ目は、CRMデータを電子メールに組み合わせて1つの統合スポットを設ける「SalesforceIQ Inbox」だ。

 3つ目は「Salesforce SteelBrick CPQ」で、Lightningと2015年12月に3億6000万ドルで買収した見積もり、請求管理サービスアプリのSteelBrickを作り直し、新たに売り出すものとなる。

 「Service Cloud」では、Lightningを利用した「Field Service Lightning」を加えた。配送など移動の多い従業員が作業、詳細な位置情報、作業指示書やその他のメッセージをリアルタイムで管理するためのもの。

 SalesforceはSpringおよびSummerの両リリースでこのほかにも300以上のアップデートを行う予定だ。最新のLightning対応のSales CloudとService Cloudは7月に提供される予定だ。既存顧客は2017会計年度第2四半期(2016年5~7月)中に、新しい機能やアプリを利用できるようになる。

セールスフォースの最新Sales Cloud Lightning

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]