編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

「Salesforce Connect」、外部のデータも直接操作可能に--Lightning Connectを改称

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-04 11:07

 Salesforce.comが「Lightning Connect」をリリースしてから1年強になるが、同社はこのサービスに新たな機能を追加して一新し、名前も変更した。

 名称が「Salesforce Connect」に変更されたこのツールの目的は、外部のアプリやデータから(クラウドかオンプレミスかに関わらず)リアルタイムで知見を得ることだ。

 Lightning Connectが2014年11月にリリースされたとき、Salesforceは、この機能はレガシーシステム上にあるデータにアクセスする「もっとも速く簡単な」方法だと説明した。Lightning Connectは、古いシステムに入っている、Salesforceのクラウドからアクセスできないデータの問題を解決するものだ。

 Salesforce Connectでは新たな機能が追加され、Salesforceのプラットフォームから、外部のシステム(例えば在庫管理システムなど)に存在するレコードの作成や削除などを、直接実行できるようになった。

 また、複数のSalesforceのインスタンスを持つ組織は、Salesforce Connectを使用することで、コーディングなしでそれらのインスタンスを連携させることができる。Salesforceの製品開発担当シニアバイスプレジデントAdrian Kunzle氏は、この機能は企業合併や買収などの際にも役に立つとしている。

 実際の接続は「Salesforce API」を通じて行われる。Kunzle氏は、米国時間12月3日に投稿されたブログ記事で、Connectに関する戦略でSalesforce APIが重要な役割を果たす理由について詳しく説明している。

 開発者はSalesforce Connectを使用して、オンライン上で提供されている1万以上のパブリックAPIとSalesforceを連携させることもできる。

 同社の学習用ポータル「Trailhead」では、すでに開発者向けのSalesforce Connectへのアクセスとサポートが提供されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]