編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

NEC、セールスフォースとERPの連携ツール--「Lightning Connect」に対応

NO BUDGET

2015-10-09 08:00

 NECとNECソリューションイノベータは10月7日、セールスフォース・ドットコムのSaaSやPaaS「Force.com」のカスタムサービスと統合基幹業務システム(ERP)を容易に連携できるという“iPaaS”「Enterprise Gateway」の提供を開始したと発表した。iPaaS(integration PaaS)はクラウドや企業間、オンプレミスを統合、連携させたりするためのPaaS。

 Enterprise Gatewayは、セールスフォースのデータ統合ツール「Salesforce1 Lightning Connect」に対応するサービスとして販売する。セールスフォースのアプリストア「AppExchange」を通じてグローバルに提供される。Enterprise Gatewayを活用することで、ユーザー企業はフロントエンドシステムと基幹システムの連携を短期間、低コストで実現できるようになるという。

 Salesforceは、営業情報管理のほかに海外子会社や現地法人の業務管理、取引先との受発注管理などのフロントエンドシステムとして多くのユーザー企業に活用されており、自社の各種業務データを適材適所、最適なタイミングで活用するために、基幹システムとSalesforceの連携ニーズが高まっている。

 だが、ERPとの連携では、通常のデータベース連携だけでなく、業務プロセスを含んだ複雑なアプリケーションインターフェース連携を必要とするものもあり、その際の連携に関する設計、開発を短期間に実現することは容易ではなかったとされている。

 これらのシステム連携ニーズに応えるため、NECとNECソリューションイノベータは今回、Salesforceを活用中のユーザー企業に対してパートナークラウドアプリケーションを共同拡販する仕組み「ISVforce」契約をセールスフォースと締結。Lightning Connect対応製品提供パートナーとして、特にアプリケーションインターフェースを持つERP連携機能に優れているというEnterprise Gatewayをセールスフォースとともにグローバルに販売する。

 Enterprise Gatewayは、アプリケーションインターフェースを持つERPとの連携でERPに変更を加えることなく、ERPのインターフェースとのデータ連携オブジェクト(データ格納領域)を自動的に生成できる。このため、Salesforce側から自動生成したオブジェクトに対してアクセスすることで、ERPとデータを連携できる。

 ERPのアプリケーションインターフェースの仕様を変更する場合も、再度連携オブジェクトを自動生成できるため短期間、低コストでの連携開発、保守対応が実現するという。多くのERP連携サービスが、CSVなどのデータを抽出後に処理するのに対して、Enterprise Gatewayはアプリケーションインターフェースを持つERPとの連携開発、保守を短期間、低コストに実現でき、セールスフォースはこの点を高く評価しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]